五稜郭タワーからみた函館市内

函館フリーペーパー『青いぽすと』への広告掲載(全戸配布)

『青いぽすと』広告メリット

  • 読者のアクション率が高い
  • 広告掲載後の反響が早い
  • 集客効果が長期的に続く
  • 認知度アップ効果が高い
  • コストパフォーマンスが良い

地域密着型フリーペーパーならではの広告効果を得られる『青いぽすと』には、大きな「強み」があります!

『青いぽすと』広告の強み

▼圧倒的な発行部数でPR効果が高い

函館市内・他社フリー情報誌と比較

  • A社/40,000部(月1回発行)
  • B社/50,000部(月1回発行)
  • 『青いぽすと』/122,000部(月2回発行)

『青いぽすと』は単発でも122,000部の発行部数を誇ります。

広告は消費者の目にふれてこそ力を発揮するのです。『青いぽすと』なら、より多くの人に情報をお届けすることが可能です。

▼集客効果が続く

テレビ、ラジオ、インターネットなどから音や映像で目や耳に訴えかけるコマーシャルの瞬発力は絶大ですが「広告を出し続けないと効果が持続しにくい」「費用が掛かる」というデメリットがあります。

その点、手元に残りやすい紙媒体の『青いぽすと』は、長期的に集客効果が持続するメリットがあります。

捨てずに保管しておくファンが多くバックナンバーの保存率が高いことも、函館で長く愛読されるフリーペーパー『青いぽすと』の強み!

『青いぽすと』広告主さまの声

  • 「保管していた記事を切り取って来店される方が多い」
  • 「数ヶ月前の紙面を見ながら電話をかけてくる人も多い」
  • 「自宅にあった『青いぽすと』を見て食べたくなった」と、広告を掲載した数ヶ月後に足を運んでくれたお客様もいる」

耳より情報が満載でコンパクトサイズの『青いぽすと』は、25年もの長い間、捨てるのがもったいない、保管しておきたくなる「使えるフリーペーパー」として、函館および近郊の読者に活用されています。

▼魅力が伝わるオールカラー

紙面に掲載されたメニュー(商品)を見た読者の来店動機、購買意欲をかき立てる重要なポイントは「写真」です。

函館フリーペーパー『青いぽすと』では、創刊以来、「食べてみたい」「行ってみたい」「欲しい」と読者に感じさせる効果が高い、「カラー写真での紙面づくり」にこだわっています。

▼情報を拾いやすいコンパクト編集

通常号
8ページ
増刊号
4ページ

読みやすさにこだわっている『青いぽすと』は、ページ数に制限を設けたコンパクト編集なので「読者が情報(広告)を拾いやすい」「見落とさない」という大きなメリットがあります。

情報量が多すぎると「見る(読む)のが面倒」「何を選んだら良いのか分らない」「何を見たのか忘れた」など、ネガティブな心理的作用を引き起こすこともあります。

その点、コンパクトに編集された『青いぽすと』は、読者(消費者)に広告を見てもらえる(覚えてもらえる)確率が格段にアップします。

▼クリーンなイメージが保てる

政治、宗教、風俗、金融系の広告を制限しているため、『青いぽすと』に広告掲載したことにより企業イメージを損ねる心配がありません。

フリーペーパー『青いぽすと』記事広告概要

媒体プロフィール

名称
青いぽすと
創刊
1991年6月
発行部数
122,000部
配布エリア
函館市 北斗市 七飯町
仕様
タブロイド版273×406mmオールカラー
流通形態
ポスティング
発行サイクル
通常号 毎月2回/増刊号 年4回

記事広告

記事広告は、下記3パターンの企画フォーマットから選択できます。

「なるほどトピックス」
4~5ページ目に掲載

なるほどトピックス広告サンプル

「青ぽヘッドライン」
3ページ目に掲載

青ぽヘッドライン広告サンプル

「スポットライト」
8ページ目に掲載

スポットライト広告サンプル

※店名のロゴでデザイン不可
※書体の指定不可

「読みやすい」「目に留まりやすい」という利点があるシンプルなフォーマットの記事広告は、PRしたい施設、イベント情報、一押しのプランや商品の魅力をわかりやすく読者へ伝えられます。

青いぽすとの記事広告は、記者が取材に出向いて、実際に記者が取材で感じたことなどを、記者の言葉で書くのが特徴です。

クライアント様の多くは、自社製品や店舗などの情報をロジック(論理)で提案しますが、私共の考えとしては、記事を読んで行動する人は、論理でなく感情で行動すると思っています。

例えば飲食店の記事の場合、料理の鮮度や調理法、味などを文章で詳しく表現するよりも、「その店に行ったら素敵な時間を過ごせそう」、と思わせる記事を作ることがレスポンスにつながると思っています。これが「エモーショナルマーケティング」という手法です。他紙と差別化したいのは、「パブリシティ型の広告」ではなく、「記事広告」ということです。

デザイン広告

商品、価格など、セールスポイントを絞ってPRしたり、遊び心を加えて目立たせるなど、オリジナリティのある広告で読者へアピールできるのが「デザイン広告」です。

大まかなラフ原稿をお渡しいただければ、弊社でデザインを作成いたします。アイデアが湧かない場合は、お気軽にご相談下さい。

ページ構成

特集ページ
P1~P2
ヘッドライン
P3
なるほどトピックス
P4~P5
医療情報
P6
新店舗・リニューアル情報
P7
スポットライト
P8

※台割構成は変更になる場合あり

『青いぽすと』広告料金表

料金表

広告掲載料金(税込)
記事広告 「なるほどトピックス」43,200円
「青ぽヘッドライン」54,000円
「スポットライト」54,000円
デザイン広告 1段あたり64,800円
※版下製作費/1段あたり5,400円

記事広告 掲載料金

  • 『なるほどトピックス』/4~5ページ目に掲載
    1枠 43,200円
  • 『ヘッドライン』/3ページ目に掲載
    1枠 54,000円
  • 『スポットライト』/8ページ目に掲載
    1枠 54,000円

デザイン広告 掲載料金

2段1/4 65mm×58.5mm: 32,400円

2段1/4デザイン広告サンプル

1段1/2 31mm×119mm: 32,400円

1段1/2デザイン広告サンプル

2段1/2 65mm×119mm: 64,800円

2段1/2デザイン広告サンプル

※原則として当社制作の場合、版下製作費/1段あたり5,400円

『青いぽすと』発行スケジュール

2017年発行スケジュール

  • vol.604 1月17日(火)
  • vol.605 1月31日(火)
  • vol.606 2月14日(火)
  • vol.607 2月28日(火)
  • vol.608 3月17日(金)
  • 増刊号 3月17日(金)
  • vol.609 3月31日(金)
  • vol.610 4月14日(金)
  • vol.611 4月28日(金)
  • vol.612 5月16日(火)
  • vol.613 5月30日(火)
  • vol.614 6月16日(金)
  • 増刊号 6月16日(金)
  • vol.615 6月30日(金)
  • vol.616 7月14日(金)
  • vol.617 7月28日(金)
  • vol.618 8月18日(金)
  • vol.619 8月29日(火)
  • vol.620 9月15日(金)
  • 増刊号 9月15日(金)
  • vol.621 9月29日(金)
  • vol.622 10月17日(火)
  • vol.623 10月31日(火)
  • vol.624 11月14日(火)
  • 増刊号 11月14日(火)
  • vol.625 11月28日(火)
  • vol.626 12月12日(火)
  • vol.627 12月22日(金)

※上記スケジュールは、やむを得ず変更する場合がございます

配布エリア

『青いぽすと』の函館配布エリア地図

旧函館市内は大きく11エリアに細分化。エリアごとに、さらに20エリア内外に細分化しておりますので、広範囲からピンポイントまで、ニーズに沿った宅配が可能です。

詳しい世帯数の一覧表を用意しておりますので、ご利用の際には当事業部までご請求下さいませ。

概要

観光客の憧れの地として有名な「函館市(人口約266,000万人)」の生活圏である、北斗市(人口約48,000人)と、七飯町(人口約28,000人)も『青いぽすと』の配布エリアに含まれます。

2016年3月に北海道新幹線が開通し注目を浴びている「北斗市」は、20~30代の若い世代に人気のエリアです。「七飯町」は大沼国定公園など豊かな自然が溢れ、都市からの移住者を積極的に募っている魅力的な町です。

お申し込みから掲載までの流れ

流れ図

  1. 電話、メール、FAXのいずれかで連絡
  2. 担当者が直接、クライアントを訪問
  3. ※市内及び近郊であれば営業担当または記者が直接クライアントを訪問。遠方であれば媒体紙を郵送し、メールやFAXで内容のやり取りをさせていただきます。
    お客様にご来店いただいた場合は、その場で受付も行っております。
  4. 料金、掲載内容等の打ち合わせ
  5. 仮原稿を作成する
  6. 内容を確認する
  7. 内容に問題がなければ入稿
  8. 『青いぽすと』発行

発行日の2カ月前
編集会議で内容決定
一般的にいう 記事の締切日

取材・執筆・広告制作・校正

発行日の1カ月前
特集記事・記事広告の締切(原則)
一般的にいう 広告の校了日

編集・文章添削・広告制作
校正・製版

発行日の2週間前
下版日
印刷屋さんに渡す日

色校正・印刷

発行日

記事広告は原則として当方で制作し、先方校正をして完成に至ります。純広告(色付けしたり、デザインしたりする普通の広告の業界用語みたいなものです)は、当方で制作するものと、広告代理店などが作って入稿するもの(『完全版下』または『完全データ』と呼ばれます)の2パターンがあります。

下版日

中旬発行号/発行日の2週間前
下旬発行号/発行日の2週間前

お申し込み・資料請求

問い合わせ先

TEL: 0138-84-6816
FAX: 0138-27-5001
Mail: info@aopos.jp