函館で美肌になりたい

1998-06-23 vol.156

美肌のためのプロが教える紫外線対策!函館のスキンケア店

もうすぐ夏です。心身共に開放的になるこの時期、今から最新の水着に注目している女性も多いのではありませんか。でもこの時期にいちばん注目したい大切なことが「お肌のケア」です。特に、肌に影響を与える紫外線の強さがピークに達する6~8月の紫外線ケアはとても大切なことなのです。今回は『資生堂化粧品販売(株)札幌支社函館営業所』のスタッフの方に、紫外線から肌を守るためのスキンケアについて伺いました。

美肌のためのプロが教える紫外線対策!函館のスキンケア店

夏!美肌宣言

夏に向けて…肌を守るためのチェックポイント

水着で水を飲む女性

「太陽光線は体に良いもの」とよく言われる通り、太陽光線に含まれる紫外線には殺菌効果があります。しかし、紫外線は私たち人間の免疫力を低下させることもあり、細菌やウイルス、アレルギー物質から体を守る力が弱まって風邪をひきやすくなったり疲れやすくなったり、長期的には皮膚ガンなどの原因となる場合もあります。さらに紫外線は肌に大量のメラニンを作ります。メラニンの増加は肌のコンディションを崩し、新陳代謝を悪くし、シミやソバカスの大きな原因となってしまうのです。毎日の紫外線ケアの差が、肌年齢の差につながることをしっかり覚えておきたいものですね。

紫外線はのこんなスキを狙っています。

  • 光のふりそそぐキッチン(窓ガラスから紫外線が届いています)
  • 子供を迎えに幼稚園へ(午前10時から午後2時まては要注意)
  • 曇りの日(実際には晴れた日の約90%の紫外線が届いています)
  • 遅刻しそう、とノーメイクて出勤(紫外線対策は1日のスタートが肝心)
  • 車の運転中(フロントガラスからの紫外線に注意)

などなど。

紫外線はあなたの日常のちょっとしたスキを狙っています。紫外線からしっかり素肌を守るのに最も大切なのがスキンケア。具体的には、まずなんといっでも「夏には夏用のファンデーションを使う」ということ。夏用は皮脂や汗に強く、くずれにくいのが特徴なのです。また、化粧もちを良くするための化粧下地の効果のあるものを味方につけることも大切。ファンデーションとあわせて使って肌を守りましょう。

さらに、スキンケア製品があなたの肌のためにしてくれることは、それぞれの製品によって違いがあるものです。夏の影響と自分の肌の関係を見つめ、専門家のアドバイスも受けながら自分にあったスキンケア製品を選ぶことが最も大切です。今回取材させていただいた資生堂など、美白ケア、紫外線対策のパイオニア的存在である各ブランドに気軽に相談してみることもオススメします。

貴女らしく…美しい肌を目指しょう

安心な永久脱毛を 美容外科形成外科 大村病院

美容外科形成外科大村病院の看護師達

夏に向けて、ムダ毛で悩んでいる人が意外に多いそうです。

安心してムダ毛を処理できる所を知りたい人や、かって脱毛した時に皮膚のトラブルが起きてしまい不安があるという人は若松町の『美容外科・形成外科大村病院』へ行ってみてはいかがでしょうか。ここでは、1本1本の毛穴に絶縁針という細い針をいれ、その針に電気を通して、毛の発生の源「毛乳頭」を破壊する「電気凝固脱毛法」で脱毛しています。これは医学脱毛協会加盟の形成外科や皮膚科の病院のみで行なうことができる、最も効果的で安全な方法。痛みもほとんど感じないといいます。脱毛希望者は、まず「テスト脱毛」で体験。カウンセリングや検査があり、さらに脱毛後のアフターケアは医師が診るので、安心して受けることができますね。気になる料金ですが、30分8,000円前後(初診料、検査料、個人針代別)。

その日に脱毛した分の料金だけを支払うという安心のシステムで、所要時間はワキ毛を全部脱毛する場合で最初の2、3回までは片方1~2時間。その後は1回約30分前後となり、両ワキで延べ10~20時間ほど。個人差あり、6〜15回くらいで、永久に脱毛できます。

テスト脱毛でお試しください。なお、1回で約3〜4カ月間、効果のあるレーザー脱毛を取り入れる予定もあります。ぜひ一度相談してみては…。

●函館市若松町27-16
Tel:0120-27-2006

美白と保湿は女性の肌のテーマ ミック七重浜オフィス

ミック七重浜オフィスでフェイスマッサージを受けている女性

美白と保湿は女性の肌の最大のテーマです。抜けるような白い肌ときめこまやかさを、この夏までに実現しましょう。

ヨーロッパの薬局で販売されている本当に良い化粧品を輸入販売している(株)ミック(本社=東京)の七重浜オフィスに、最新の美白スキンケア情報を聞いてみました。

ヨーロッパで最近注目され、日本の女性の間でも話題となっているのが、ヨーロッパ屈指の皮膚科学の研究現場であるスイスの「ヴァルモン研究所」が開発した基礎化粧品だそう。

スイスが世界に誇るアルプス山麓の天然ミネラルを含む氷河水をベースに自然の中から探してきた何種類ものエッセンシャルオイルを目的別にブレンド。肌の老化プロセスを緩和してくれるDNAを有効利用した「ヴァルモンケアライン」(全32アイテム)がこの化粧品の特徴です。

このブランドのほかにもヨーロッパの優れた化粧品を扱っているミック七重浜オフィスのスタッフは「美白や保湿、保護の上で大切なのは、自分の肌に合ったものを正しい知識の中から選び出し、正しい使い方をする事です」とアドバイス。同オフィスでは常時、美白と保湿のスキンケアの相談、アドバイスを行っているほか、無料体験のフェイスマッサージも実施しています。“アンチ・エイジング”、が昨今のスキンケアの主流。年齢と共に肌の衰えを感じ始めた時こそ、本当にスキンケアの必要性を感じる時です。詳細は同オフィスTel:49-8319まで。

体の内側から美しく ハイコラーゲンE

ハイコラーゲンE

美容に良いといわれるコラーゲンですが、コラーゲンが美容に良いのはなぜでしょう。

人間の体は、無数の細胞からできています。それらの無数の細胞をつなげる役割をしているのがコラーゲンです。肌の真皮(皮膚表皮の下の層)の約7割を占め、肌のハリやツヤを保つためにはなくてはならないものですが、年齢とともに減少します。このコラーゲンを摂るのに一番良い方法は食物からで、魚や肉を丸ごとコトコト煮込むこと。煮ているうちに骨や皮からコラーゲンが煮汁に出てきて、体内に摂取し易くなるのです。

医食同源という考えを持つ中国でも、ゼリー状のものは不老長寿に役立つと伝えられています。

ところが、魚の切り身などが売れる現代では、魚や肉を丸ごと煮込む調理法は敬遠されがち。かつてよく食べた、魚の煮汁で作る「にこごり」はコラーゲンそのものですが、最近の食生活ではこれらを食べる機会が少なくなりました。そこで「青いぽすと」で取り扱っている飲むコラーゲン「ハイコラーゲンE」がおすすめ。同品は主成分が天然素材で吸収がよく、胃腸にも負担がかかりません。1日1回大さじ2杯飲むだけでハリとツヤのある肌に。強い日差しを浴びでも、シミが出きにくくなります。コラーゲンは人体にとって大切なたんばく質。美容のためにも体のためにも、摂りたいものです。

「ハイコラーゲンE」についての問い合わせは当社Tel:23-5688まで。

やっぱり夏は小麦色の肌 日焼けサロン「オンディーヌ」

日焼けサロン「オンディーヌ」

健康的な小麦色の肌…あこがれますね。でも太陽の下で肌を焼いて、肌がひりひりしたり、赤くなって皮がむけたりといった経験が誰にもあるのではないでしょうか。

日焼けサロン『オンディーヌ』ではタンニングマシンで肌を焼くので、肌へのダメージが少なく、シミ、ソバカスもほとんど出ません。

太陽で焼くというのは肌に有害な紫外線で焼くことで、そのため肌を痛めやすいのです。タンニングマシンならば皮膚の下にあるメラニンをゆっくりと表面に出すため、肌へのダメージが少ないのです。また熱をもたずに焼けるので、太陽で焼いた時のように、赤くなったりヒリヒリしたりということもありません。

オンディーヌは全室が個室になっているのでプライバシーも保たれ、気がねなく全身を焼くことができます。色白でなかなか焼けないという人や夏も冬も一年中小麦色の肌でいたい人にも最適ですね。また、海やキャンプに出かける前に焼くとムラ焼けになりません。

小麦色に焼けた後はどうしでも肌は乾燥しがち水分補給などの手入れは忘れないようにしたいですね。

Tel:27-1768

おすすめコンテンツ