函館の果実狩りができる果樹園

2001-09-14 vol.236

リンゴ・ブドウにプルーンが狩り放題の函館人気果樹園

秋といえ――やっぱり食欲の秋…ですよネ。旬の魚、野菜、山菜、果物などなど、秋になれば海や大地の恵みが街のあちこちに登場し、私達に季節の変わり目を伝えてくれます。またこの時期には、七飯町の通称“フルーツロード”と呼ばれる農場界隈の道々にも、季節の果実をそろえた直売店がズラリ並びます。さて、そんな素敵な季節えを迎える今回は、七飯町の農家で体験できる『果実のもぎとり』にスポットを当ててみました。

リンゴ・ブドウにプルーンが狩り放題の函館人気果樹園

もぎたて果実を力ブリッ!!秋の果樹園で果実狩り体験を楽しもう

木になってるプルーン

季節の恵みを食べることは、すなわち季節の恵みに感謝すること。しかしこの秋はそれに加えて、自らの汗を流して秋の果実のもぎとり体験を行うことで、季節の恵みの喜びを体いっぱいに感じてみませんか。

木になってるブドウ

また、市街地近郊に果樹が少なくなった最近では、リンゴはどうやって木に成っているのか…ブドウはどうやって木に成っているのか…ということを知らないお子さんも少なくないのだとか。涼しくて心地良い風を感じるようになったこの季節こそ、週末のドライブがてら、秋の香りが漂う七飯町まで足をのばして、家族そろってもぎとり体験はいかがでしょうか。また、各農家の直売店に出向いて、親戚や近所の皆様にお土産を買うというのも一案。さあ、甘酢っぱくて素敵な1日を過ごしましょう。

農家直売のリンゴは何故美味しい?

松浦果樹園の木になっているリンゴ

農家直売のリンゴが美味しいというのは何とな~く常識的に分かる話。ではどうして?というと、七飯町大川にある「松浦果樹園」によると、リンゴには当然、もぎとり、食べ頃、というのがあって、流通システムに乗ったリンゴと違い、直売の場合は生産者が1日1日、量も食べ頃のリンゴだけをもぎとり販売している点が美味しさの秘密なのだそう。直売のメッカ・七飯町では「美味しくなければ全然売れませんから…。本当に美味しいリンゴを味わってみたければ、ぜひ農家直売の物を試してみて」とのことでした。

リンゴひとくちメモ

欧米では「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」という諺があり、日本でも病院のお見舞いの定番として選ばれるなど、リンゴは健康にいい果実といわれています。リンゴは特にカリウム、カルシウム、鉄、食物繊維、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸などの有機酸を多く含み、疲労をもたらす乳酸を減らすとともに、身体の新陳代謝を活発にし、疲れを取り除いてくれます。また、リンゴに含まれているカリウムは血圧の上昇を抑える作用があります。さらに、特有の芳香、さわやかな酸味と味も疲労の回復に効果的です。

秋の恵みいただきます!楽しく美味しくもぎとり体験

松浦果樹園

松浦果樹園

七飯町大川の「松浦果樹園」は、4〜5年前から低農薬と有機質肥料の使用、さらには除草剤を使わない、体にやさしく美味しいリンゴ作りに真剣に取り組んでいる果樹園。オーナーの長年の努力と研究により、通常年に10回以上散布されるという農薬を、年8回に抑えることを実現。9月末からピークを迎えるおよそ10種類のリンゴの味は函館市民の間でもファンが多く、農園近くに設置された直売所には多くの人が足を運ぶ。また、リンゴ狩りには家族連れのほか市内の幼稚園児が訪れ、リンゴの香りと美しい緑の中で楽しい1日を体験している。

松浦果樹園のリンゴの木

直売は9月末より
午前8時〜午後7時に実施(電話にて確認を)
リンゴ狩りは入園料無料で1kg400円(前日まで要電話予約)
駐車場約30台。

●七飯町大川350
Tel:65-2284

山内昭一果樹園

山内昭一果樹園のプルーンの木

七飯町鳴川にある『山内昭一果樹園』では、9月下旬からリンゴ狩り、10月上旬からプルーン狩りが楽しめる。リンゴ狩りのもぎとり体験をはじめたのは今から30年以上前という、道南では草分け的存在。入園料は無料で、リンゴ狩りは1kg300〜350円、プルーン狩りは100g100円の量り売り。リンゴの木1本(2万〜3万円位)を買い取って果樹園内にコンロ等を持参し、バーベキューを楽しみながらゆっくりリンゴ狩りを楽しむ団体もいるという。

営業時間は午前9時〜午後5時

●七飯町大川288
Tel:090-1302-5989

築城果樹園

築城果樹園で採れるプルーン

七飯町鳴川にある「築城果樹園」では、プルーン狩りを体験出来る。期間は10月初旬から中旬くらいまでで、種類はシュガプルーンとサンプルーンが中心。入園料は大人500円、子供300円で、ウレシイ食べ放題。直売、地方発送も行っていて1kg700円。リンゴは直売、地方発送のみで1kg350円前後。10種類以上と種類が豊富なので、9月末頃から2月頃まで旬のリンゴを購入出来る。

入園時間は午前9時〜午後4時

●七飯町鳴川297
Tel:65-4763

石井観光農場

石井観光農場外観

七飯町鳴川にある『石井観光農場」では、リンゴ狩りとプルーン狩り、ブドウ狩りを体験出来る。リンゴは9月下旬から10月上旬くらいまでで、入園料は大人1000円(お土産5個付き)、子供500円で食べ放題。直売は1個200円前後。ブドウは9月下旬から10月下旬くらいまでで、入園料は大人1600円(お土産1kg付き)、子供1000円で食べ放題。直売は1kg600円前後。直売のみのプルーンは9月下旬から10月中旬くらいまでで、1パック500円前後。農場内の雰囲気もよく、行楽気分を満喫できる。

石井観光農場で採れるブドウ

入園時間は午前10時~午後4時
駐車場は約150台

●七飯町鳴川349
Tel:65-4747

果実狩りワンポイント

  • できるだけ動きやすい服装、靴で行きましょう。
  • 果樹園は農家の方々が木を育てる大切な場所です。ゴミやタバコの吸い殻などを散らかさないように。
  • この時期は農家の方々も繁忙期なので、前日までに電話予約と確認を忘れずに。
  • もぎとりを行っていい木は決まっているもの。必ず農家の方々の指示に従いましょう。

おすすめコンテンツ