函館の人気炒飯

2005-03-29 vol.321

デカ盛り・変わり種!函館の激旨チャーハンが人気の中華料理屋6

チャーハンが誕生した場所はいうまでもなく中国ですが、そのはじまりは、料理に使う火が薪から石炭に変わり、火力が著しく向上した宋の時代だといわれています。チャーハンは「炒飯」として中国でその長い歴史がはじまりましたが、我が国に渡ってからは「焼飯」として普及しました。簡単に作れるからこそ奥が深い、函館の美味しい炒飯を見ていきましょう。

デカ盛り・変わり種!函館の激旨チャーハンが人気の中華料理屋6

函館のおすすめチャーハン

函館の炒飯 函館の炒飯

ピリ辛のカレーチャーハン

なかみち食堂

なかみち食堂のカレーチャーハン

創業40年以上になるという、市内中道1丁目の『なかみち食堂』。
どのメニューもボリューム満点で、学生や男性が「よし、食うぞ!」と、元気にたいらげるという雰囲気の食堂だ。この店では、「チャーハン」と「カレーチャーハン」の2種類があり、どちらも650円。最近人気があるのは「カレーチャーハン」で、注文して待っていると、カレーの香りとリズミカルにチャーハンを炒める音が聞こえてきて、食欲をそそられる。仕込みから全て手作りという自家製のカレールーをたっぷり使用したピリ辛のチャーハンは美味。
ちなみに、大盛は150円増。

なかみち食堂周辺地図

営業時間は午前10時〜午後7時30分。毎週火曜日定休。

●中道1-3-13
Tel:51-1891

パラリとほぐれるプロの味

桃園飯店

桃園飯店の肉醤チャーハン

大沼の陸橋を降りてすぐ右にある台湾風中華料理の店『桃園飯店』のチャーハンは、ふんわりした食感と口の中でパラリとほぐれるプロの味。「肉醤(ロージャン)チャーハン」(850円)は、そぼろとふんわり卵のやさしい味が特徴で、エビ、ハム、ネギなど色々な具を卵がまとめ、じっくり4時間かけて煮込んだ肉そぼろのコクがチャーハンの味を引き立てます。具だくさんの「あんかけ焼きそば」(1050円)のボリュームと美味しさもぜひ1度味わってみて下さい。また、自家製の「杏仁とレアチーズのタルト」(250円)もオススメ。

桃園飯店周辺地図

営業時間は平日が午前11時〜午後3時、午後5時〜午後7時50分。土・日曜日、祝日は午前11時〜午後7時50分。毎週木曜日定休。駐車場有。

●七飯町大沼297-6
Tel:67-2867

超人気の高菜チャーハン

悟李羅

悟李羅の五目チャーハン

市内本町にある『悟李羅』は、オープンから16年目を迎える九州ラーメンの店。「ここのチャーハンはとにかく美味しい」と噂を聞いて、取材に行くことに…。
チャーハンは「五目チャーハン」と「高菜チャーハン」の2種類があって、どちらも650円で食べられる。特に人気があるのは、函館ではあまり見かけることのない、九州特産品の高菜をふんだんに利用した「高菜チャーハン」。ほどよいピリ辛感があり、食欲をそそられる逸品だ。
チャーハンというと、男性に喜ばれる食べ物というイメージがあったが、女性受けしそうな、何ともヘルシーな味わいで美味。チャーハンファンは1度、ご賞味あれ!

悟李羅周辺地図

営業時間は午後6時〜深夜3時。

●本町32-1
Tel:56-6178

人気、石焼蟹玉チャーハン

雅龍

雅龍の石焼蟹玉チャーハン

市内本町にある『雅龍』の「元祖石焼きチャーハン」は3種類。熱い石釜に入ったチャーハンの上にカニがたっぷりのふんわりカニ玉が乗った「石焼蟹玉チャーハン」(820円)が1番人気。テーブルであつあつの卵白ソースをかけると、ジューッという音とともに美味しさが匂い立つ。フライドオニオンを隠し味にしたチャーハンにカニ玉とソースが絡まってひとつになった新しい味をどうぞ! ほかに自家製チャーシューが乗った「石焼チャーシューチャーハン」(820円)、とろけるチーズがドリアのような「石焼チーズチャーハン」(820円)もおすすめ。

雅龍周辺地図

営業時間は午前11時〜午後3時、午後5時〜午後11時(LO/午後10時30分)。無休。駐車場は夜のみ食事3000円利用で1時間無料。

●本町32-27
Tel:56-0880

注目の新メニュー登場!

中国料理 廣河

中国料理廣河の野菜スープカレーチャーハン

市内富岡1丁目にある『中国料理 廣河』は、根強い人気の中華から新発想の中華まで、いつも目が離せない店。今回は本紙の『チャーハン特集』に向け、「野菜スープカレーチャーハン」(サラダ・スープ付、890円)を、新メニューとして登場させました。人気のカレーチャーハンにスープカレー、柔らかい鶏肉や野菜が加わった逸品。特に、中華の香辛料を使ったスープカレーの味は絶品で、ボリューム満点。チャーハン好きの人はもちろん、カレー好きの人も満足する味を、ぜひお試しあれ。辛さアップも、お気軽にどうぞ。

中国料理廣河富岡店周辺地図

営業時間は午前11時30分〜午後2時30分、午後5時〜午後10時(ラストオーダー午後9時30分)。毎月第2、4月曜日定休(祝日を除く)。駐車場有。

●富岡1-42-6
Tel:42-9750

プリプリ食感の海老!

中華ダイニングロンファン

中華ダイニングロンファンの石焼あんかけチャーハン

市内花園町にオープンした『中華ダイニングロンファン』は、本格的な中華を気軽に味わえると評判。オススメは、五目チャーハンの上に魚介類入りの醤油あんがかかった「石焼あんかけチャーハン」(780円)。この店の海老は、他店ではなかなか味わえないプリプリの食感が人気。また、この海老をタップリ味わいたい人は「エビチャーハン」(780円)、ピリ辛の「ナシゴレン」(730円)もどうぞ。そのほか、日替わりランチ(2種類)760円やセットメニュー780円〜(各1ドリンク付)、単品、コースなど、リーズナブルなメニューが充実。

中華ダイニングロンファン周辺地図

営業時間はランチが午前11時〜午後2時30分(ラストオーダー午後2時)、ディナー午後5時〜深夜0時(LO/午後11時)。年中無休。駐車場有。

●花園町24-21
Tel:31-0800

チャーハンの魅力

シンプルだからこそ奥が深い…熱狂的フリークも!

「冷蔵庫に残ったご飯の整理に最適」「あり合わせのもので気軽にできる」など、一般の家庭でも気軽にできる料理として人気のチャーハンですが、シンプルだからこそちょっとした加減で味がガラリと変わるチャーハンは奥が深い料理であり、プロの世界では「チャーハン作りはスポーツ」といわれるほど、体力とスピードが勝負のダイナミックな料理とされています。もちろん、専門店で食べるチャーハンの味も店によって実にさまざまで、美味しいチャーハンを求めて噂の味処を食べ歩く熱心なチャーハンフリークも少なくありません。

家庭で作るチャーハンとお店のチャーハンは何故、味が違う?

ラーメン屋さんで食べた美味しいチャーハンの味が忘れられず、自宅で作ってみたけれど同じようにならない…という話はよく聞きます。もちろん、プロの技はそう簡単に真似できるものではありませんが、チャーハンの場合、家庭とお店の決定的な違いは火力です。自宅でチャーハンを作る場合は炭火を使うと本格的な仕上がりになります。それが無理な場合は、まずは中華鍋あるいはフライパンを、煙が出るほど熱することや、オイルポットなどの油で十分に熱してから、新しい炒め油を入れるとようでしょう。
残りご飯でなく、チャーハン用のご飯を炊く場合は、ご飯の水分が多いとパラパラになりにくいので、普段より硬めに炊いたほうがいいでしょう。
中華鍋あるいはフライパンに入れるのは「卵が先か、ご飯が先か…」とよくいわれますが、一般的には卵が先。しかし、卵をあらかじめ電子レンジで油となじませておく方法や、ご飯と卵を先に混ぜておく方法など、家庭によってさまざまな工夫もあるようです。
パラパラのチャーハンを仕上げるためには、1粒1粒の米を炒める感覚が必要です。自宅で1度に作るチャーハンは1人前が理想的。せいぜい2人前が、美味しく作るコツです。

函館にも評判の店が多数!やっぱりプロの味を満喫したい

ひと口食べて、思わずうなってしまうようなプロのチャーハンをたまには満喫したいもの…。函館にも巷で評判のチャーハンが味わえる店が何軒もあります。
今回は「旨い」と噂のチャーハンの幾つかにスポットをあててみました。専門店で美味しいスープと一緒に味わうチャーハンは格別。オーソドックスなものから、プロの創意工夫を感じさせるオリジナルのものまで、あなたもぜひ、自分の舌にぴったりの極上のチャーハンを探してみてはいかがでしょうか。

おすすめコンテンツ