函館の気になる飲食店

2007-01-19 vol.364

函館の地元民でも気になる外観・噂のお店に行ってみた6店

街を歩いている時、マイカーやバスなどで近くを通りかかった時、「この店、ちょっと気になる…」と感じたことはありませんか?  例えば、店の名前がとても個性的だったり、外観がちょっと風変わりだったり…。あるいは知人が「行ったことがないけれど、とても美味しいと評判らしい」なんて言っていた店だったり…。今回は、本紙ライターが仕事柄、知人によく聞かれたことのあるお店や、または読者の皆様からのお便りなどで質問をいただいたお店など、“ちょっと気になる飲食店”にスポットをあててみました。

函館の地元民でも気になる外観・噂のお店に行ってみた6店

どういうお店なの? どんな人がやっているの? どんなメニューがあるの? などなど、多くの読者の皆様の“ちょっと気になる”にお応えできれば幸いです。2007年到来。今年こそ、新規開拓で新しい味、新しいお店にぜひ、出かけましょう!!

焼肉を食べながら、甦る青春の1ページ

焼肉 亀しょう

焼肉亀しょうの牛タン

「牛タン」1人前950円(写真は2人前)

店の入口の壁には70年代フォークのレコードジャケットがズラリ。市内万代町の『焼肉 亀しょう』は、昭和の熱き音楽シーンが甦る焼肉店。オープンは平成6年。店主のフォークソング好きが高じて、店内の壁には吉田拓郎を中心に、70年代フォークの写真が並ぶ。アマチュアミュージシャンなどによる生演奏が不定期に行われるほか、毎日のBGMはもちろん70年代フォーク。

焼肉亀しょう外観

「趣味の店だから味は…、と思われるのは絶対嫌だから」と店主がこだわる焼肉も秀逸で、オススメは「牛タン」(1人前950円)。音楽好きにも焼肉好きにも愛される1軒。

焼肉亀しょう周辺地図

営業時間は午後5時〜。毎週月曜日定休。この9月に市内本町に開いた「フォーク酒場 高円寺」も好評。

●万代町16-15
Tel:40-4087

ラーメンが加わって注目!

ラーメンとぎょうざのお店 かたくり

ラーメンとぎょうざのお店かたくりの焼き餃子

市内富岡1丁目の『ぎょうざのお店 かたくり』が『ラーメンとぎょうざのお店 かたくり』に生まれ変わりました。オススメはもちろん、新たにメニューに加わった「ラーメン」(味噌600円、塩・醤油550円)。特に、豚バラ肉を5時間半蒸して作ったチャーシューは、トロリと柔らかく絶品。この店の新しい味を、ぜひお試しあれ。

ラーメンとぎょうざのお店かたくり外観

また、人気の「焼きギョウザ」(350円)は、モチモチした皮にジューシィーな肉と野菜がたっぷり。ニンニクを使用していない点も好評。「ギョウザ定食」ほか、各種定食は550円とリーズナブル。店内で、お持ち帰りで、本格的な味をご賞味下さい。

ラーメンとぎょうざのお店かたくり周辺地図

営業時間は午前11時〜午後9時。毎週月曜日定休。駐車場有。

●富岡1-55-1
Tel:42-6666

安くてスピーディーな、セルフのうどん店

渡邊うどん

渡邊うどんの調理場

市内石川町「ホーマックスーパーデポ」敷地内の『渡邊うどん』は、セルフのうどん店。まずは店特製の15種類ほどの天ぷらから好きなものを皿に取り、次にトッピングを選び、その後、うどんを大、中、小の中から選びます。小が一般の1人前と同じ量。うどんは温めて丼に入れます。これは店の人がしてくれますが、自分で入れることもできます。

渡邊うどん外観

最後につゆと薬味のネギやしょうがを入れてテーブルへ…。天ぷらを多めに選んでも500円前後でたっぷり食べられるのと、セルフでスピーディーなところが人気のようです。現在、冬期限定「鍋焼うどん」(780円)と「豚汁うどん」(680円)もあります。

渡邊うどん周辺地図

営業時間は午前11時〜午後7時。毎週火曜日定休。

●石川町232-4
Tel:46-0111

波の音に癒されるひと時

BAR バンブー

BARバンブーのちくわチーズ

大森浜に面した『BARバンブー』は海の匂いと、バリやハワイを感じさせる空間を楽しみたい1軒。オープンテラス越しの海を眺めながら飲むビールと、サーフィン好きの気さくなオーナーの話に、時の経つのを忘れそう。ノーチャージで「生ビール」(350円)、「サワー」(300円)、「ソフトドリンク」(300円)、おつまみは全て300円とリーズナブル。おつまみの持ち込みOKで、気のあったお客さん同士が宅配ピザを注文することもあるなど、アットホームな雰囲気がまた魅力。

BARバンブー外観

女性同士でも気軽に入れ、友達の輪が広がります。バリ製の竹のカウンターに座って波の音に癒されるひと時を過ごしましょう。

BARバンブー周辺地図

営業時間は午後8時〜深夜2時。毎週日曜日定休。

●宝来町29-8
Tel:27-0161

本格派の美味い沖縄そばがここにある

ウチナンチュウ

ウチナンチュウの沖縄そば

市内鍛治2丁目の『ウチナンチュウ』は、石垣島の農家で働きながら沖縄の味を体得した店主が昨年開いた店で、沖縄そばが絶品! 沖縄そばは中華麺と平打ちうどんの中間のような小麦粉のもっちり麺に、カツオ、コンブ、アゴでだしをとった最後まで飲み干せるほどの無塩のスープ、そして豚バラ肉のらふてぃが一体となった独特な麺料理。奥深いやさしい味わいです。

ウチナンチュウ店内

また、泡盛や、沖縄では定番のタコスとごはんのミックス「タコライス」(700円)、「てびち(豚足)の唐揚」、「じーまみ豆腐」「ミミガー」(各500円)など南国の味がズラリ。

ウチナンチュウ周辺地図

営業時間は午後6時〜深夜0時、毎週土・日曜日のみ正午〜午後3時のランチタイム有。毎週火曜日定休。

●鍛治2-25-8
Tel:090-9081-5656

何といっても店名のインパクト!

中国屋台 うじうじ飯店

中国屋台うじうじ飯店のサラダ

市内宝来町にある『うじうじ飯店』は、オーナーの本間さんが開店にあたり、手探りで色々なことを“うじうじ”と考えたことに由来する店名。勇気ある大胆な名前に驚きですが、実は中華をベースに洋食のテイストを取り入れた料理が楽しめる人気のお店。

中国屋台うじうじ飯店外観

「春巻き」(1本150円)、「えび蒸し餃子」(1個200円)などの小点心から、「大えびチリソース」(1200円)、女性に人気の彩り鮮やかな「エビマヨサラダ」(800円)などメニューも豊富。
1階はカウンターがあり、屋台の賑やかさを思わせます。2階は迫力ある函館山を眺めながらグループの宴会も可能な落ち着いた空間です。

中国屋台うじうじ飯店周辺地図

営業時間は午後6時〜翌午前1時。毎週水曜日、毎月第3木曜日定休。

●宝来町22-6
Tel:22-5225

おすすめコンテンツ