社長が好きなご飯

2012-05-29 vol.493

凹んだ時に食べたくなる元気飯を函館の社長に聞いてみた!

元気になりたい時、気分転換したい時、ちょっと大変な仕事の前にエネルギーを充電したい時、あなたは何を食べますか? 「これを食べると元気になる」とか、「これを食べた後は何でもうまくいく」みたいな食べ物はありますか?今回は、道南で活躍する〝元気人〟に、その元気の源であったり、パワーがほしい時に食べていたりする〝元気メシ〟を教えていただきました。生きてゆく上で食べるということはとても大切なこと。今回紹介する元気人オススメの〝元気メシ〟で、あなたもとびきりの元気やパワーをいただいてはいかがでしょう。

凹んだ時に食べたくなる元気飯を函館の社長に聞いてみた!

まるきんの肉入り焼きそば

まるきんの肉入り焼きそば 焼きそば 肉入り 580円

ラッキーピエログループ代表王 一郎さん 『ラッキーピエロ グループ』代表
王 一郎さん

函館に長く住んでいる方々と、昔よく行った飲食店の話で盛り上がる時がとても元気になります。話題になる店はみんな、今でいうB級グルメばかり。青春時代に食べたB級グルメを思い出すたびに、地元の人に長く愛されるB級グルメこそが本物ではないかと感じるのです。
そんな函館の老舗B級グルメの中でも私が気に入っているのが、大門にある焼きそば専門店のまるきんです。58年の歴史というのはもの凄いものと感じています。それだけ地元の人達から評価され続けてきたのでしょう。私も昔はまるきんの近くで飲食店を経営していたことがあるので、仕事仲間とよく食べに行ったものです。いまでも食べると元気が出るまるきん焼きそば。店主さんもとてもいい方で大好きです。

まるきん

●松風町10-11
Tel:22-7616
営業時間:午前11時30分~午後7時
定休日:毎週水曜日
駐車場:有

キッチンルーム四季のサラダ

キッチンルーム四季のサラダ オリジナル シーザーズ風サラダ(ビュッフェ)
ランチ1260円、ディナー2100円

くすりの元気店主石田浩幸さん 『くすりの元気』 店主
石田 浩幸さん

普段は肉などの高カロリーな物を好んで食べるせいか、よく体が野菜を欲するんですよね。そんな時私は、ロワジールホテル函館2階のキッチンルーム四季さんのビュッフェのメニューのひとつ、オリジナル シーザーズ風サラダを食べに行きます。
野菜の味と、たっぷりふりかけられたチーズの味を楽しむために、ドレッシングなどをかけずに食べるのが私流。もちろん、ほかの料理もおいしくてたくさん食べますが、普段の生活ではなかなか、新鮮なたくさんの種類の野菜を1度に上手には食べられないので、その日は野菜を中心にたっぷりと食べます。
そうする事によって体の掃除ができて、疲れがたまってどんよりした気分も解消できて活力源になるんです。

キッチンルーム四季

●若松町14-10 ロワジールホテル函館2階
Tel:27-8220
営業時間:午前11時30分~午後2時、午後6時~午後9時
定休日:無
駐車場:有

パノラミックのステーキランチ

パノラミックのステーキランチ ステーキランチ 1350円
(サーロインステーキ120g、コーヒーor紅茶付)

有限会社みのり代表取締役加藤進さん 『有限会社みのり』代表取締役
加藤 進さん

私の仕事で1番大切なのは、いつも笑顔でいる事だ。
単月で数百万円の赤字の時も、給料日にお金が無くて、長女の貯金に手を付けた時も、経営会議に参加する役員以外は誰もそれに気付かない。その笑顔を支えるのが十分な睡眠と、食事だ。自分を元気にする食べ物は決定的に肉、ステーキだと思っている。
パノラミックは価格が高くない。おいしい。コーヒーと紅茶がお代わり自由。スタッフが私好み、そして、何よりも景色というご馳走が食べられる。函館の街全体を見おろしながら、街の事を思う。就職できない、所得の低い、結婚できない若者たちを思い、自分を奮い立たせる。「私がやらねば」と。
帰りのエレベーターでは心と身体が満充電になっている。

スカイラウンジ パノラミック

●青柳町10-3 ロイヤルシティ弐番館12階
Tel:26-8682
営業時間:午前11時30分~午後2時30分(LO)、午後5時30分~午後9時(LO)
定休日:毎週水曜日
駐車場:有

パーラーフタバヤのハンバーグ

パーラーフタバヤのハンバーグ ハンバーグ(スープ付)766円

函館自由市場やな商店播磨智子さん 函館自由市場『やな商店』
播磨 智子さん

私の心をあたためるメニューは、パーラーフタバヤのハンバーグです。
幼い頃、今はなき彩華デパートへ行った帰りに悪天候と停電に見舞われ、当時大門にあったフタバヤへ入ると、店内はやさしいろうそくの灯りで照らされていました。そのあたたかな光景はハンバーグの味と共に今でも思い出します。
鉄板の上でグツグツ煮える甘いソースが美味しくて、大嫌いだったピーマンもこのソースのおかげで克服したんです。ですから現在は、ピーマン大好きな女の子の母となりました。
現在は美原のメガドンキホーテ内にあるフタバヤ。当時のままのハンバーグは今でも人気のメニュー。そのハンバーグの味が昔を思い出させてくれます。

パーラーフタバヤ

●美原1-7-1 メガドンキホーテ2階
Tel:45-1978
営業時間:午前10時~午後9時
定休日:無
駐車場:有

旬彩 粋匠のとうもろこし天

旬彩粋匠のとうもろこし天 粋匠とうもろこし天 500円

占い専科21易源洲鵬さん 『占い専科21』
易源 洲鵬さん

私が元気になれる大好きな食べ物は、旬彩 粋匠さんの粋匠とうもろこし天です。
芯を取り除き粒をバラさず油で軽く揚げた1品。製法特許を取得した逸品とも聞いています。出されると出されただけ、ペロッと食べてしまいます。
私の故郷は、春の選抜高校野球の21世紀枠で出場した女満別高校のある町から山奥へ十数キロ、キャベツやトウモロコシ、ジャガイモで生計を立てた農村育ちです。夏から秋にかけて、主食はトウモロコシ。
今でも、カレーやシチュー、八宝菜、炒飯など必ずホールコーンを入れて食べます。
粋匠さんのとうもろこし天をはじめて食べた時は、目からウロコ! 以来、やみつきになりました。
旨い1品です。

旬彩 粋匠

●本町23-5 マルゼンビル1階
Tel:52-5569
営業時間:午後5時30分〜午後10時30分(LO/午後10時)
定休日:毎週日曜日
駐車場:無

鮨処 木はらのいちご汁

鮨処木はらのいちご汁 いちご汁(うに・アワビ) 2200円

ビューティートリートメントサロンローズ代表村上有香さん 『ビューティートリートメントサロンローズ』代表
村上 有香さん

私が元気になれる味は、木はらさんのいちご汁です。
いちご汁は、漁師だった祖父が作ってくれた想い出の味です。
私が子供の頃は、外に張ったテントの中で殻からウニの実を出し出荷していました。といっても、私はイタズラをしていることの方が多かったと思いますが…。
そしてお昼近くになると、作業をしている横で大きな釜にいちご汁を作ってくれたのが祖父です。このいちご汁と祖母の握ったおにぎりを、みんなで食べたものです。
今は木はらさんでいちご汁をいただく度、〝亡くなった祖父が見守っていてくれている〟と、心強い気持ちになれます。
木はらさんは従業員の皆さんの対応も素晴らしいので、ますます元気になれます。

鮨処 木はら

●湯川2-1-2
Tel:57-8825
営業時間:午前11時30分〜午後11時(午後9時以降は要予約
定休日:無
駐車場:有

さぬきうどん大森店のカレー丼

さぬきうどん大森店のカレー丼 カレー丼600円

玉光堂五稜郭店店長白井和也さん 『玉光堂五稜郭店』店長
白井 和也さん

大森町にあるさぬきうどんさんのカレー丼は、元気が出る美味しさです!
僕が松風町の玉光堂に勤めていた20代前半の頃、お店のスタッフ何人かで出前を頼んでいました(歩いて3分くらいの距離でしたが…)。
この店のうどんは、安くて量が多く、味も当時はあまりなかった薄味で(関西風ですね)胃にもたれません。飲んだ次の日でも、美味しくいただいていました。
中でもカレー丼は、〝うどん屋さんのカレーはカレーじゃないよ〟と言いそうな、カレー通の方々にこそ食て欲しい逸品です。
そして〝参った!〟と言わせたいです。かなりテンションアップします。
うどんもいいけど、カレー丼です!

さぬきうどん大森店

●大森町17-8
Tel:27-1901
営業時間:午前11時〜深夜2時
定休日:火曜日
駐車場:無

ボーコーソーの激辛バジル飯

ボーコーソーの激辛バジル飯 激辛バジル飯・目玉焼き付き 980円

ベーネ函館健康運動指導士外館潤さん 『ベーネ函館』健康運動指導士
外館 潤さん

本町のタイ料理と中華の店ボーコーソーは、僕がまだ大学生だったころから通っているお店です。
運動指導士という仕事柄、普段から野菜を意識して食べたり、食事バランスにも気を使っていますが実はスパイシーなものが大好き。この店は何を食べてもうまいんですけど、中でも激辛バジル飯は必ずオーダーします。ボリュームがあってガツンとくる、トッピングの玉子が少しまろやかにしてくれますがめちゃめちゃ辛い。でもやめられません。
大学卒業後、バックパッカーとしてインドを中心に旅をしたことがあります。その時に訪れたアジアの国の屋台を思い出させる本格的な味わい。辛いものを食べると汗が出て元気になります。夏場は特におすすめです!

ボーコーソー

●梁川町18-21
Tel:31-1074
営業時間:午後6時〜深夜0時
定休日:不定休
駐車場:無

函太郎の活ホタテ

函太郎の活ホタテ 活ホタテ 315円
炙りサーモン 315円

株式会社シンプルウェイ代表取締役阪口あき子さん 『株式会社シンプルウェイ』代表取締役
阪口 あき子さん

2002年に結婚のため、生まれて初めて訪れた北海道・函館。その函館で1番最初に食べたのが、函太郎のお寿司でした。肉厚なホタテを食べた時の歯応えと豊かな甘味にびっくり! 北海道のすごさを感じました。
また、コリコリしたつぶ貝や、透き通ったイカも初めて食べました。私の出身地の静岡も海の街ですが、北海道の海産物とは品ぞろえが全然違います。函館の方が美味しくて安い。やっぱり函館は〝贅沢な街〟だと思います。
移住してはや10年、今も函太郎が大好きで家族やスタッフと毎月行きます。
五稜郭公園店は会社帰りに、宇賀浦店は津軽海峡を眺めながら、函太郎の美味しいお寿司を食べると、初心に帰ってリフレッシュできるお店です。

グルメ回転寿司函太郎 五稜郭公園店

●五稜郭町25-17
Tel:52-5522
営業時間:午前11時~午後10時
定休日:無休
駐車場:有

おでん処濱屋のハヤシライス

おでん処濱屋のハヤシライス ハヤシライス800円(数量限定品)

jam函館編集長吉田智士さん 『jam函館』編集長
吉田 智士さん

以前この店に取材でおじゃました際、おかみさんから「これ美味しいから食べてみて」と出されたのが濱屋のハヤシとの出会い。
あまりの旨さで、すっかり取材を忘れて店をあとにしたという失態も。
デミソースはイチから仕込んで、大切りの肩ロースをホロホロになるまで煮込む。他は、たけのこ・椎茸・玉ねぎと実に「わかってる」中身の超正統派。おでん屋の範疇を超えるような仕事を普通にやってるところもまたカッコイイんです。
おかみさん自身、幼い頃からお母さんが作るハヤシライスが大好きだったそうで、店でハヤシをメニューに加える時には、レシピではなく「舌の記憶」だけで完全に再現したそうです。そんなエピソード込みで大好きな1品ですね。

おでん処濱屋

●本町18-23
Tel:55-0108
営業時間:午後6時~午後11時
定休日:日曜日・祝日
駐車場:無

おすすめコンテンツ