函館・道南の海水浴場

2012-07-17 vol.496

函館・道南のトイレ・シャワーがあるオススメの海水浴場

夏ですね! 夏といえば、やっぱり海。道南にはどれくらい海水浴場があるかご存じですか? 今回は、道南の海水浴施設を中心に、その町のイベント情報や周辺のグルメ情報、楽しい話題などに注目してみました。もうすぐ海の日、そしてお子さんにとっては夏休みがやってきます。せっかく海が身近に感じられる場所で暮らしているのですから、この夏はぜひ、家族そろって海の思い出を作りましょう。各海水浴施設の情報につきましては、各自治体から提供いただいております。

函館・道南のトイレ・シャワーがあるオススメの海水浴場

安全で楽しいネット海水浴場

湯川海水浴場

湯川海水浴場

函館市熱帯植物園裏にある『湯川海水浴場』は、ネット式海水浴場と呼ばれ市民に親しまれています。
海中のネットは、事故防止の観点から設置された日本で初めての設備。また、波で動く大きな浮き島があり、子供も大人も楽しめるスポットです。そのほかの施設では、管理棟・監視棟・更衣室・シャワー室があります。7月21日午前10時の海開きの前(午前9時半頃〜)には、救助訓練が行われる予定です。昨年は、消防本部や日赤水上安全法奉仕団さらには海上保安本部函館航空基地のヘリコプターも出動し行われました。今年の夏も湯川海水浴場で楽しみましょう。開設時間は午前10時〜午後4時30分。
近隣には温泉施設が充実しているので、泳いだ後には温泉で温まるのもいいですね。

  • 開設期間/平成24年7月21日〜8月19日
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

数多くの人で賑わう人気の海水浴場

七重浜海水浴場

七重浜海水浴場

北斗市七重浜にある『七重浜海水浴場』は、毎年数多くの海水浴客で賑わう人気の海水浴場。函館市内からも近く、駐車場も完備されているので、とても身近な海水浴場として親しまれています。
函館湾に面した砂浜の海水浴場で、温水のシャワーや更衣室も完備しているので利用しやすく、家族連れやカップルなど、さまざまな人達が夏のひと時を楽しんでいます。
昨年、ご当地アイドルグループ・北斗夢学院桜組のライブステージなどで盛況となった「セブンビーチライブ」というイベントの開催が今年も予定されています。
遠くに大型船やヨットなどを望む景色も素晴らしく、海水浴でなくても、のんびりと夏の散策を楽しみたいご家族やカップルにもおすすめのスポットといえそうです。

  • 開設期間/平成24年7月21日〜8月19日
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

岩浜で磯遊びが楽しめる

入舟町前浜海水浴場

入舟町前浜海水浴場

函館山の麓にある『入舟町前浜海水浴場』は、岩浜の自然海岸の海域にブイを設置して遊泳区域を設けた海水浴場。海水浴だけでなく、岩浜ならではの磯遊びを楽しむことができます。また、目の前に広がる海や背景に広がるダイナミックな函館山の山肌など、自然の眺望は秀逸。付近には、絶景の夕陽を眺めながら飲み物を味わうことができる『ティーショップ夕日』があり、こちらの利用もオススメ。
函館市内西部地区といえば、観光メッカとして有名な元町や末広町界隈がよく知られていますが、弁天町や船見町、入舟町界隈のたたずまいも魅力的。海水浴や磯遊びの帰り道に、夕映えの外国人墓地などを眺めてみては…。
海水浴場の開設時間は午前10時〜午後4時。更衣室、簡易トイレがあり、駐車場には約10台駐車できます。
※掲載写真は5月下旬 に撮影したものです。

  • 開設期間/平成24年7月26日〜8月19日
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

天然の入り江の穏やかな海

かもめ島海水浴場

かもめ島海水浴場

かもめ島が作る天然の入り江が、波を穏やかにしてくれる江差町の『かもめ島海水浴場』。右側にはかもめ島、左側には開陽丸、前方には青い海が広がり、振り返ると白い砂浜…という最高のロケーションの中、夏の海を満喫できます。開設時間は午前10時〜午後4時。
砂浜にテントを張り、キャンプを楽しむ人も数多くいます。近くにはマリーナがありますので、マリンスポーツにも最適なスポット。シャワー室と更衣室もあります。
江差町のお土産といえば、創業1870年の老舗和菓子店「五勝手屋本舗」の五勝手屋羊羹がはずせないところ。
また、8月9〜11日は北海道遺産にも指定されている「江差姥神大神宮渡御祭」が行われます。豪華な山車(ヤマ)が夜を徹して町を練り歩くエネルギッシュで華麗な姿、北海道最古のお祭りはこの夏も必見です!

  • 開設期間/平成24年7月21日〜8月14日
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

シャワー・トイレ完備の安心して遊べる海水浴場

乙部町元和台海浜公園

乙部町元和台海浜公園

日本海側の美しい海岸線を眺めることの出来る国道229号線を、乙部町役場のある市街地から自動車で10分ほど北上した場所にある『元和台海浜公園』。
この公園の「海のプール」は環境省の快水浴場百選に道内で唯一選ばれている海水浴場。施設自体が防波堤となっているので波の大きな時も安全。大型駐車場から海のプールへは大きならせんの通路「るーぷ橋」を通るなど、子供の楽しめる施設で、温水シャワーや更衣室もあるので女性も安心。海水浴場は午前9時~午後4時30分。
同公園では、7月29日に「元和台マリンフェスティバル」が開催されます。親子スイカ割り大会、ウニ・ツブ・ホタテの手づかみ体験など様々な催しが行われる毎年人気のイベントなのでぜひ。イベントのお問い合わせは、元和台マリンフェスティバル実行委員会
☎0139-62-2311。

  • 開設期間/平成24年7月21日〜8月19日
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

水質の良さと広い砂浜が魅力

三本杉海水浴場

三本杉海水浴場

『三本杉海水浴場』は、カントリーサインにもなっているせたな町のシンボル「三本杉岩」が目の前にそびえ、マリンスポーツの体験施設も隣接している、広い砂浜と水質の良さが自慢の海水浴場。7月22日の海開きには餅まきなどのイベントが行われます(午前10時〜)。魅力的な近隣スポットも多く、なかでも「立象山」は展望台から遊楽部岳や狩場岳、奥尻の島影も望め、夜には沖合に漁火が浮かぶ幻想的な眺めが楽しめるおすすめポイントです。道内最大級の広さを誇るパークゴルフ場のほか、多目的広場などもある町民憩いのスポット「北檜山グリーンパーク」もわりと近くにあります。
8月4日(土)、5日(日)には瀬棚港・漁火公園にて恒例の夏祭り「せたな漁火まつり」も開催されます。今年は「KAZUMI」「武田組」がステージゲストとして出演予定。4日の夜には花火大会も有。

  • 開設期間/平成24年7月22日〜8月19日
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

水質最高評価の海で夏を満喫

ふとろ海水浴場

ふとろ海水浴場

日本海に面し、北は島牧村、東は今金町、南は八雲町に隣接し、日本海を挟んで奥尻島を望むせたな町。平成17年に北檜山町、瀬棚町、大成町が合併し誕生したこの町の北檜山区太櫓にあるのが『ふとろ海水浴場』。環境省から水質最高ランクの「AA」と評価され、そのなかでも特に優れた水質を誇る、全国で19しかない海水浴場のひとつと発表されたこともある海水浴場です。道内でこの19の海水浴場に数えられたのは、ここ「ふとろ」と「三本杉」「平浜」のせたな町にある3つの海水浴場のみ。近くの海岸線には釣りのポイントも多く、シーズン中は多くの釣り客で賑わっています。海水浴場から少し足をのばした場所にはパークゴルフ場をメインに多目的広場や野鳥の森、ほたるの里などを整備した自然豊かな「北檜山グリーンパーク」もあり。立ち寄ってみてはいかが。

  • 開設期間/平成24年7月22日〜8月19日
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

福島町に昨年オープン

海峡横綱ビーチ

海峡横綱ビーチ

昨年オープンした『海峡横綱ビーチ』は安心して遊べる整備された人工海水浴場。東屋や更衣室などもあり、便利です。色々なイベントも予定されていて、今年は株式会社大歩(ダイブ)がボランティアで企画している「海の学習~体験ダイビング」も無料で行います。きれいな海水浴場をみんなが気持ちよく使えるように、砂浜での火器は使用不可でペットの立ち入りは禁止。小さな子供連れには禁止事項も安心材料のひとつになりますね。毎週日曜日はツブ・ホタテの無料つかみ取り体験、7月22日はイベントパフォーマーによるステージ、翌週29日はビーチバレー大会が開催され、あのプロビーチバレープレーヤーの浅尾美和選手がやってきます。福島町にはお楽しみが盛りだくさん! 詳細はホームページ(「福島町観光協会」で検索)をご覧ください。

  • 開設期間/平成24年7月21日~8月19日
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

きれいな海でのんびり泳ぐ

平浜海水浴場

平浜海水浴場

水質の良さで知られるせたな町・大成区に位置する『平浜海水浴場』は、海水浴や海浜散策を楽しむ人など、毎年多くの人でにぎわう海水浴場。監視塔となっている「てっ平・ひらら交流館」には休憩室と食堂が完備されているほか、国道をはさんだ真向かいにある「道の駅てっくいらんど大成」では、コインシャワーも利用できます。7月28日(土)には道の駅敷地内で、ウニやアワビなど、大成区の新鮮な海の幸を堪能できる「がっぱり海の幸フェスタinわっためがして大成」が開催されます。また、8月4日(土)には海水浴場にて餅まきならぬ貝まきなどのイベントも実施予定。せたな町は奇岩、怪岩が連なる変化に富んだ海岸線の景観も魅力。なかでも自然の造形美ともいえる「親子熊岩」は必見です。北海道最古の山岳霊場「太田神社」も外せない立ち寄りスポット。

  • 開設期間/平成24年7月21日〜8月19日
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

美しく豊かな奥尻島の海を満喫

東風泊(やませどまり)海水浴適地

東風泊海水浴適地

透明度の高い美しい海は奥尻島の大きな魅力のひとつ。そんな奥尻島で唯一の海水浴可能な砂浜が「東風泊(やませどまり)海水浴適地」。ここでは海水浴のほかにも、奥尻島の豊かな海で釣りをするなど様々な遊びで楽しむことが可能。
さらに、水道、トイレ、簡易シャワーなどの施設が整っている上、テントサイトも用意されているので、キャンプ場としての利用も可能。地区内には商店などもあるので、最低限の物はそろうというのもポイントです。
奥尻島では毎年「奥尻三大祭」として、6月に「賽の河原祭」、7月に「室津祭」が行われ、今後は奥尻三大祭のフィナーレを飾る「なべつる祭」が8月25日に開催されます。この祭りは奥尻島最大のイベントで、歌謡ステージや、島の味を堪能できる屋台をはじめとした様々な催しが予定されています。この夏は奥尻島へぜひ。

  • 開設期間/7月中旬~8月中旬くらい
  • 駐車場/有
  • トイレ/有

おすすめコンテンツ