函館のからあげが人気の店

2013-10-31 vol.551

からあげはココ!カラッとジューシーがたまらない函館の人気店10

とってもおいしくてご飯のおかずでもお酒のおつまみでもOKそれが…とりから!どれもみんな同じ?いえいえ、とっても個性的で素敵なものがそろいました!惣菜屋さんや定食屋さん、手羽先専門店や精肉店が本気で作った唐揚げなど、よりどりみどり!

からあげはココ!カラッとジューシーがたまらない函館の人気店10

住宅街の総菜店の人気とりから

くりや

くりやの唐揚げ

人見町の住宅街にある惣菜店『くりや』の「とりももから揚げ」(100グラム180円)が人気! 手作りの惣菜が評判のこの店では、5個100円の看板メニュー「ポテトコロッケ」が有名ですが、とりももから揚げはその看板メニューに負けず劣らずのナンバー2商品。幅広い年齢層が買い求めに来るそうで、長年買い続ける熱心なファンや、1キロまとめて買っていく人も少なくないそう。毎日たっぷり用意しているそうですが、揚げたてを味わうなら電話での事前注文がオススメ。夕食のおかずはもちろん、ビールなどのアルコールのおつまみにもぴったり!

惣菜店くりや周辺地図

営業時間は午前10時〜午後7時30分。毎週月曜日定休。駐車場有。

●人見町4-20
Tel:53-1751

からっとさっぱり

キッチン ノスケヤ

キッチンノスケヤの唐揚げ

体にやさしい手作りメニューが評判の定食屋さん『キッチン ノスケヤ』の唐揚げは、2度揚げしてから自家製のタレにからめています。からっと揚がった唐揚げには、食欲をそそるニンニク醤油の風味に加え酢も入っているので、さっぱりと味わえ女性にも好評。「唐揚げ」(=写真、1人前7個入り550円)と「唐揚げ定食」(ご飯、みそ汁、お新香、小鉢付き800円)のおかずのみ(600円)は、どちらもお持ち帰り可。お持ち帰りの大量注文は前日まで要予約。キッズスペースもありますので、お子さん連れでも気兼ねなくどうぞ。

キッチンノスケヤ周辺地図

営業時間は午前11時半〜午後2時半、午後6時〜午後9時。毎週月曜日定休。駐車場有。キッズスペース有。

●深堀町13-10
Tel:87-2211

米粉を使った唐揚げが好評!

中国料理 彩風塘

中国料理彩風塘の若鶏の米粉唐揚げ

『中国料理 彩風塘』の名物「若鶏の米粉唐揚げ」(=写真、1皿740円)は、ひと味違う食感。衣に北海道産のふっくりんこを100%使用した米粉を使っているからで、米粉は小麦粉と比べて油の吸収率が少なく、油で揚げてもヘルシーで軽い仕上がりになるそう。小麦粉と卵を使っていないのでアレルギーがある人も食べられると好評です(気になる人は事前に問い合わせください)。同店の美味しさを家庭でも味わえる「米粉唐揚げ粉」(1袋350円)は、全国から問い合わせがある人気商品。

中国料理彩風塘周辺地図

営業時間は、午前11時30分~午後3時(LO/午後2時30分)、午後5時~午後10時(LO/午後9時30分)。毎週月曜日定休。駐車場有。

●昭和3-31-16
Tel:34-7260

大好評! ボブの唐揚げ

Jonnyの手羽先

Jonnyの手羽先のボブの唐揚げ

黄色いイメージカラーとユニークなメニュー名で知られる『Jonnyの手羽先』。この店で絶大な人気を集めているのが「ボブの唐揚げ」(大1080円、小540円)。おいしさの秘密は、南茅部産がごめ昆布醤油を使ったタレ。パリッとした皮と味わい深い肉が見事に調和した唐揚げは〝冷めてもおいしい〟と評判で、ご飯のおかずやビールのお供にぴったり。3年前のオープン以来、買い続けている熱心なファンもいて、最近は道南でのイベントの出店や移動車販売でも人気。なんてったってメニューの名前がカッコいい! テイクアウトは電話で事前注文を。

Jonnyの手羽先函館店周辺地図

営業時間は午前11時〜午後8時。毎月第2火曜日定休。

●本通2-6-22
Tel:54-3330

安くて旨い唐揚げならこの店!

藤食堂

藤食堂の唐揚げ

老若男女幅広い層が訪れる『藤食堂』は、お惣菜屋さんが隣接しているのが大きな特徴。種類豊富なお惣菜は、1パック100円〜とリーズナブル。「唐揚げ」(=写真、1パック150円)は、醤油ベースのタレに数種類のスパイス、生姜の風味が食欲をそそる1品。好きなお惣菜をチョイスして、食堂で味わうこともできます。
できたてをすぐに味わいたいなら「唐揚げ定食」(700円)がおすすめ。キャベツ、ポテトサラダ、揚げ餃子、小鉢、漬物、汁物がついて、ボリュームも栄養も満点。お惣菜の唐揚げは、注文数の多い場合のほか売り切れの場合もありますので、事前電話注文が確実です。

藤食堂周辺地図

営業時間は午前11時〜午後8時。毎週日曜日定休。駐車場有。
●柏木町36-15
Tel:52-3265

愛され続ける肉屋さんのから揚げ

たけだ精肉店

たけだ精肉店のからあげ

はこだて自由市場隣・若松広路グリーンベルトに面してある『たけだ精肉店』のから揚げは、知る人ぞ知る人気惣菜。生の伊達産鶏肉を使っているので、しっとり柔らかくジューシーなのはもちろん、ほんのり甘味のある醤油ベースの味はクセになる美味しさ。から揚げをはじめて50年、この店のファンのために変わらぬ味を守り続け、100g190円という価格も値上げしていません。ほかに「骨付鶏モモ肉の蒸焼き」(1本290円)や、「五穀味鶏の手羽先」(1本80円)も常連客に人気の品。大量に買い求める人もいて、昼頃には売り切れることが多いのですが、前日に電話で予約すると確実に買えます。

たけだ精肉店周辺地図

営業時間は午前8時半頃~午後5時頃。毎週日曜日、祝日定休。

●新川町1-3
Tel:22-4315

知る人ぞ知る絶品唐揚げ

肉の松葉屋

肉の松葉屋の若鶏唐揚

深堀町にある『肉の松葉屋』の「若鶏唐揚」は、40年前のオープン当初からファンの多い1品。お肉屋さんならではの上質で新鮮な鶏肉を生姜醤油と企業秘密の隠し味が入ったタレに一晩漬け込み、振りかける程度の衣で仕上げることで柔らかくジューシーな唐揚げが完成。料金は100グラム220円〜で、(=写真)は200グラム440円。タレに漬け込んだ鶏肉も販売していて、自宅で揚げたてを味わうこともできます(100グラム190円〜)。どちらも売り切れる場合がありますので、数が多い場合は事前の電話注文が確実。コロッケやカツ、ハンバーグフライなどの総菜も人気。

肉の松葉屋周辺地図

営業時間は午前9時半〜午後6時半(総菜は午後6時まで)。毎週金曜日定休。

●深堀町31-54
Tel:54-4907

2種類の鶏から揚げを提供

お惣菜 大地

お惣菜大地の鶏の唐揚げ

市内美原の『お惣菜 大地』では2種類のとりからを販売。「鶏の唐揚げ」(=写真、小320円、中530円、大740円)は、肉の美味しさにしょう油風味の下味がマッチした、衣さっくり中はジューシーな1品。冷めても美味しくいただけます。特製ダレをからめた「大地の唐揚げ」(=同手前、小330円、中550円、大770円)も根強いファンが多く、コクのある甘辛いタレが食欲をそそります。花園町にある系列の居酒屋「うまいもの処 海と大地」でも提供(鶏の唐揚げ1皿590円、大地の唐揚げ同690円、持ち帰りも可)。

お惣菜大地周辺地図

『お惣菜 大地』の営業時間は午前11時~午後1時30分、午後4時30分~午後6時30分。毎週日曜日、祝日定休。駐車場有。

●美原4-18-24
Tel:46-0077

飽きずに食べられる!

湯の川阿佐利伊藤精肉店

湯の川阿佐利伊藤精肉店の鶏のから揚げ

大正10年創業の老舗『湯の川阿佐利伊藤精肉店』の「鶏のから揚げ」(100グラム180円)は、家庭で食べるお母さんのから揚げをイメージした飽きのこない味付けが特徴的。塩味をベースにしています。2度揚げし、最後は余熱で火を通しているので衣がサクッとし、冷めてもベタつきません。「国産豚ロースカツ」(190円)や「黒豚入りメンチカツ」(110円)、「シューマイ」(55円)、「豚角煮」(100グラム220円)など、から揚げ以外の惣菜もお肉屋さんならではのお手頃価格で販売。家庭で調理できる冷凍のハンバーグやトンカツなどもあります。

湯の川阿佐利伊藤精肉店周辺地図

営業時間は午前11時~午後6時。毎週日曜日、毎月第2・3水曜日定休。駐車場有。

●湯浜町9-32
Tel:33-0233

ボリューム満点…どころじゃない

いか家

いか家の1キロ唐揚げ

駅前エリアの人気スポット・大門横丁内にある「いか家」は、名物の餃子や焼きそばなど、オーソドックスから創作メニューまで多彩に楽しめる居酒屋です。そんな同店では、普通の唐揚げや半身などがそろっていますが、今回紹介するのは「1キロ唐揚げ」(1800円)。鶏モモ4羽分、約5人前というこのメニューは、同店のマスター曰く「1人で食べなきゃダメ。手助けするのは禁止ね(笑)」という一品。下味がしっかりしていて、ジューシーに仕上がる唐揚げですが、やはり1キロというボリュームはハードルが高く、過去の成功者は2人だけ。「我こそは!」と思う人はぜひ。年末の宴会もお気軽に。

函館のいか家周辺地図

営業時間は午後5時~午後11時。不定休。

●松風町7-5 大門横丁内
Tel:090-3897-9031

おすすめコンテンツ