道南のレジャー新スポット

2016-07-15 vol.592

函館・道南の観光・レジャースポット10【祝北海道新幹線】

ご家族やカップルで出かける行楽、この夏はどこに行く予定ですか? 道南には最近、魅力的な新スポットが幾つも誕生しています。今回はこの夏オススメの新スポットに注目してみました。  夏の青空の下で、自然を満喫したり、美味しいものを食べたり、思い切り遊んだりと、素敵なひと夏の思い出を作りませんか?

函館・道南の観光・レジャースポット10【祝北海道新幹線】

大自然を全身で感じられる

パド・ミュゼ

パド・ミュゼにいる羊

大沼流山牧場にある『パド・ミュゼ』の「暮らしの牧場」は動物の飼育を体験できる施設。大人にオススメは、施設のコンセプトである「馬との暮らし」を最大限に活かした体験メニュー「ネイチャーホースライディング」(3時間10260円)。乗馬だけでなく、心音を聞くなど馬の体調チェックからはじめるというもの。ほかにも子供に人気の動物のお世話や木工クラフト、セグウェイに乗れるなど要予約でたくさんの体験ができます。貴重な体験をしてみませんか…。
敷地内にある牧場レストラン「Lunch on Ranch」(午前11時~LO午後3時、毎週火曜日定休)で食事もできるので、1日中遊べます。

パド・ミュゼのピザ

営業時間は午前9時~午後5時。不定休。駐車場有。

●七飯町字東大沼294-1
Tel:67-3339

のんびり過ごせる良店

畑のレストランHuis(ゆい)

畑のレストランHuis(ゆい)のなごみプレート

JR新函館北斗駅から徒歩3分の『Huis(ゆい)』は、農場直送野菜を使った素材感あふれる彩り豊かな料理で賑わうお店。オススメは「なごみプレート」(ご飯、みそ汁付、1450円)。旬の食材を使った和食中心の日替りプレートで、素材の風味を引き立てる抑えめの味付けが同店らしいポイント。プレートにもたっぷり盛り付けられる野菜は自社農場で作られたもので、7月からは味も彩りも鮮やかな夏野菜がどんどん出てくるとのこと。
店内では野菜販売も行うほか、音楽などのイベントも行われるので、そちらもお楽しみに。

畑のレストランHuis(ゆい)

営業時間は午前11時~午後2時30分LO(ランチタイム)、午後2時30分~午後4時LO(カフェタイム)。無休。

●北斗市市渡1-3-11
Tel:83-1241

フワッと広がる海の旨味

貝鮮焼 北斗フィッシャリー

貝鮮焼北斗フィッシャリーの貝鮮セットA

津軽海峡を望む上磯漁港横の『北斗フィッシャリー』は北斗市ブランドの「峨朗かき」、知内産かき、北斗市産ほっき貝、木古内産ホタテ(水揚げ状況により産地の変動有)という文句なしの「貝鮮」がそろう店。
オススメは峨朗かき、ほっき、ホタテがセットになった「貝鮮セットB」(1242円)。これを蒸し焼きにして、がごめポン酢醤油、矢越昆布醤油、レモンエキスを選びパクリ! 新鮮な貝の甘み、磯の香り、プリっとした独特の食感を同時に楽しめます。知内産かきが入る「貝鮮セットA」(1296円)も見逃せません。

北斗フィッシャリー

営業時間は午前11時~午後4時30分LO(土日祝は午後7時30分LO)。毎週月曜日定休(月曜日が祝日の場合は翌火曜日休)。

●北斗市飯生1-13-29
Tel:73-0700

8年ぶりの夏ゴンドラ!

七飯スノーパーク

七飯スノーパークのゴンドラから見える風景

『七飯スノーパーク』の夏ゴンドラが実に8年ぶりの復活! 10月23日までの期間中、午前9時から上り最終午後3時30分、下り最終午後4時まで無休で営業しています(強風などで休止の場合有)。晴れた日には大沼や駒ケ岳、噴火湾、羊蹄山を見渡すことができるほか、ゴンドラ山頂には遊歩道があるので、美しい自然の中で気持ちいいひと時を過ごすことができます。
料金は大人往復1800円、小・中学生往復1000円、ペット1匹往復500円。ゴンドラ山麓駅向かいには、そばやパスタなどの飲食メニューがそろった「山ろくカフェ」があり、自然の中で食事を楽しむことができます。

七飯スノーパークの山ろくカフェ

詳細はホームページ「7e」で検索を!

●七飯町東大沼666
Tel:67-3355

恵山、緑あふれる新登山道

自然倶楽部

自然倶楽部の恵山散策

恵山登山といえば、火山活動を感じつつ乾いた道を歩くイメージ、火口原駐車場まで車で行ってから登るコースがおなじみですが、古くからあった山道をリニューアルし、緑あふれる自然を楽しむことができるコースができたのをご存知ですか?
山麓から火口原駐車場までの普段は車で登る山中、自然の営みとマイナスイオンをたっぷり感じつつ散策できるこの新しい「高原コース」は、『自然倶楽部』代表である鎌鹿さんの魅力あふれるガイドにより、今シーズンすでに何度も登山会が行われており、好評です。
実際に歩いてみて感じる素晴らしさを体感。日常から少しだけ離れた場所へ行ってみませんか?

自然倶楽部で行く恵山登山

●駒場町9-10
Tel:31-5339

ゆっくりとした鉄道旅はいかが…

道南いさりび鉄道

道南いさりび鉄道

北海道新幹線の開業により、並行在来線のJR江差線(五稜郭~木古内間)を引き継ぎ、3月26日に開業した『道南いさりび鉄道』。注目はJR北海道から譲り受けた9両のうち、外観に日没後の函館山のシルエットなどをデザインし改装された2台の地域情報発信列車「ながまれ号」。この列車でゆっくりとした鉄道の旅に出かけてみませんか。沿線には観光スポットや美味しいお店なども点在。津軽海峡沿いを走る車窓からの眺めも抜群です。
なお、ながまれ号の運行予定は日によって変動しますので、詳しい時刻などはホームページで確認、または『道南いさりび鉄道株式会社』まで電話でお問い合わせください。

道南いさりび鉄道から見える函館山

道南いさりび鉄道株式会社
Tel:83-1977

「温泉」と「海の幸」にこだわった体験型施設

道の駅しかべ間歇泉公園

道の駅しかべ間歇泉公園の間欠泉

『道の駅しかべ間歇泉公園』は、間歇泉と足湯がある公園施設、鹿部たらこなど町の特産品がそろう物産館、物産館で購入した食材を自分で調理して楽しめる温泉蒸し釜とバーベキューコーナーなどがある鹿部町の新施設。
物産館内には鹿部漁協女性部による「浜のかあさん食堂」(営業時間午前11時~午後2時)もあり、「鹿部プレミアムたらこ御膳」(1000円)など同町ならではの味を堪能できます。

浜のかあさん食堂の鹿部プレミアムたらこ御膳

開館時間は4~9月が午前8時30分~午後6時、10~3月は午前9時~午後5時。
10~3月の各第4月曜日定休(その日が祝日の場合は翌々日に振替)。
間歇泉と足湯の公園施設のみ入園料大人300円、小中学生200円。

●鹿部町字鹿部18-1
Tel:01372-7-5655

天候を気にせず自然の美味しさを…

山川牧場ミルクプラント

山川牧場ミルクプラント外観

この3月にリニューアルオープンした『山川牧場ミルクプラント』は、休日のお出かけにおすすめのスポット。50席のイートインスペースは、天候を気にせずゆっくり過ごせると好評で、店内はバリアフリーになり、駐車スペースは75台と広々。店内中央には、お子さんに人気の巨大ソフトクリームのベンチがあります。
注目の新商品は、山川特濃牛乳100%の「ヨーグルト」(455g440円)。無糖なのに甘味があり、口当たりはまろやか。同じく新商品の「飲むヨーグルト」(145㎖180円〜)や超人気の「ソフトクリーム」(13種類、300円〜)もお見逃しなく!

山川牧場ミルクプラント店内

営業時間は午前9時〜午後5時。無休。駐車場有。

●七飯町字大沼628
Tel:67-2114

真上から北海道新幹線を見よう!

北海道新幹線ビュースポット

北海道新幹線ビュースポット

行楽で木古内町・松前町方面にお出かけの際は、木古内町にある『北海道新幹線ビュースポット』に立ち寄ってみませんか? JR木古内駅から車で約10分のところにあるこの展望台からは、新函館北斗駅から東京方面行き(上り)と、東京方面から新函館北斗駅行き(下り)の新幹線を上から見ることができます。現地に通過時刻表も掲示されていますが、あらかじめ下調べして、ドライブコースを決めてお出かけするのもいいですね。

北海道新幹線ビュースポットから見える北海道新幹線

228号線に看板があるので、函館側から向かった場合はそこを右折。真上から見下ろす新幹線の勇姿は素敵で、高台に建つこの展望台から望む木古内町の眺望も抜群。青い空と青い海を感じながら気持ち良いひと時を過ごせるのでは…。

より快適に約3分間の空中散歩へ

函館山ロープウェイ

函館山ロープウェイ

昨年11月にリニューアルオープンした『函館山ロープウェイ』の山麓駅と山頂展望台。山麓駅では、最大約600人が利用できる広々とした待合いスペースを完備し、居心地のいい空間で過ごせるようになりました。山麓駅と山頂展望台には、ロープウェイの券売機は自動改札機が設置され搭乗がスムーズ。さらに、授乳スペースなどがあるベビー休憩室もあるので、お子さん連れでも安心です。約3分で山頂に到着するゴンドラからは、迫力あるロケーションが目の前に広がり感動的。

函館山から見える函館の夜景

普通運賃は往復大人1280円、小人640円。10月15日までは始発午前10時、終発午後10時(天候により変更になる場合有)。

●元町19-7
Tel:23-3105(総合案内)

おすすめコンテンツ