函館のモンブラン人気店

2016-10-14 vol.598

モンブランが美味しい函館のケーキ屋さん厳選10

アルプスの山が名前の由来であるモンブラン。山をイメージした秋のスイーツは味はもちろん、形も個性的で魅力的です。今回は道南オススメのモンブラン10選を紹介してみました。素敵な食欲の秋を!

モンブランが美味しい函館のケーキ屋さん厳選10

和栗ホクホク、ミスターマロン!

ザ・ランド・オブ・ドリーミング

ミスターマロン

元有名ホテルのパティシエの輪島美哉子店主が作るスイーツが評判の大縄町の『ザ・ランド・オブ・ドリーミング』。この店のモンブランは、その名も「ミスターマロン」(370円)。シュークリームの上の生クリームと和栗の相性が抜群の逸品で、秋らしい和栗のホクホク感を満喫できるスイーツです。ぜひこの機会をお見逃しなく!

ザ・ランド・オブ・ドリーミング店内

さらにこの店では「アップルパイ」(370円)も人気を集めています。これらのスイーツメニューはイートインでもテイクアウトでも利用できるので、食欲の秋の甘〜いひと時にぜひ、利用してみてはいかがでしょう。
営業時間は午前10時〜午後6時。毎週土・日曜日、祝日定休。駐車場有(2台)。

●大縄町24-16
Tel:41-3006

味も見た目も素敵なモンブラン

パティスリー バイゲツ

パティスリー バイゲツのモンブラン

赤川1丁目にある『パティスリー バイゲツ』の「モンブラン」(410円)が評判です。甘みと酸味がほどよくマッチしたカシス入りのアーモンド生地の上には、マロンのクリームブリュレと、主にフランス産の栗を使ったマロンペーストがのった、見た目もキュートで美しいデザインのモンブランは、熱心なファンもいるほどの人気ぶり。

パティスリー バイゲツのウィンドウケース

長い間、このお店の人気メニューとしていつもショーケースに並んでいます。オープン以来、見た目も上品で味わい深いスイーツが人気の同店には、食欲の秋にぴったりのスイーツがずらり!ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょう。
営業時間は午前10時〜午後8時。毎週月曜日定休。駐車場有。

●赤川1-4-16
Tel:46-7238

シンプルかつ洗練された味わい

ミモザ

ミモザのモンブラン

市内柏木町にある『ミモザ』は、常時約25種類ある定番のケーキ&季節のケーキはもちろん、焼き菓子や半生菓子などの種類も豊富。何にしようかと迷ってしまうほどですが、秋にはやはり「モンブラン」(410円)ははずせないところ。シュクセ(アーモンドのメレンゲ)の間に生クリームと栗を挟み、フランス産の栗のペーストと粉砂糖で山と雪をイメージして仕上げた同店のモンブランは、フランス式の本格的な味わい。

ミモザ店内

栗は皮付きのまま使用しているので、甘味の中に深いコクを感じます。喫茶スペースもありますので、ティータイムに利用するのもいいですね。
営業時間は午前10時〜午後6時50分。毎週火曜日定休。駐車場有。

●柏木町38-2
Tel:52-6001

クリーミーなコラボがたまらない!

ケーキ・カフェ スクエア

ケーキ・カフェスクエアのモンブラン

本通1丁目にある『スクエア』の「モンブラン」(350円)は、スポンジの上の生クリームとカスタード、その上の和栗と焼き栗をブレンドしたペーストが口の中で1つになり、極上のハーモニーを生み出しています。クリーミーでコクがありますが甘過ぎず、ラム酒の香りもいいアクセント。中に入っている丸ごと1個の渋皮栗が出てくるタイミングも絶妙。

ケーキ・カフェ スクエア外観

そのほか、タルト生地の上にダマンドと渋皮栗&栗の甘露煮が入った「くりたると」(350円、ホール1500円)は、サクサクのタルトと2種類の栗を楽しめます。こちらは期間限定です。商品は道産食材を使用。
営業時間は午前10時〜午後7時。毎週火曜日定休。駐車場有。

●本通1-30-15
Tel:51-9323

贅沢なマロンクリーム

ふうげつどう

ふうげつどうのモンブラン

季節限定商品や焼き菓子など数多くそろう中でも人気があるという『ふうげつどう』の「モンブラン」(=写真、378円)。マロンクリームはフランス産のものなど3種類の栗のペーストとバターをブレンドして作っていて、コクが深く贅沢な味わいが特徴。土台となるタルトと、中央部分にあるカスタードクリームと生クリームの絶妙なバランスもよく、特製のマロンクリームのおいしさをより引き立てている逸品。ぜひ味わってみては…。

ふうげつどうのショーケース

そのほか、お土産や特別な日にピッタリな12cmサイズのアントルメ(ホールケーキ)の「モンブラン」(1485円)もあります。
営業時間は午前10時~午後8時(日曜日・祝日は午後6時まで)。不定休。駐車場有。

●田家町7-23
Tel:40-9533

基本に忠実、フランス菓子の魅力満喫

パティスリーAKIRA

パティスリーAKIRAのモンブラン

時任町、緑町通りにある『パティスリーAKIRA』は、丁寧で優しい味わいのフランス菓子店。基本に忠実という「モンブラン」(430円)はフランス産の栗を使用。ミルク風味豊かな生クリームをたっぷり包み込んだ栗クリームは、まとわりつかず、とても軽やかな味わい。ほんのり香るラム酒の心地よさとサクッと焼けたメレンゲの触感も素敵な逸品です。

パティスリーAKIRAのマカロン

昼に焼きあがる「クロワッサン」(180円)はファンの多い品ですが、小さくても本格的な「マカロン」(3個入り250円)にもちょっと注目。発酵バターのコーヒークリーム、フランス産チョコレートのガナッシュ、木苺のジャムの3種類を楽しめます。
営業時間は午前10時30分~午後7時。毎週月曜日定休。

●時任町34-23
Tel:51-1187

コントラストで組み立てる味

Patisserieショートベリー

Patisserieショートベリーのモンブラン

函館新道沿いにある函館トヨペットを入ったところにある、小さなケーキ屋さんが『ショートベリー』です。同店の「モンブラン」(432円)は、口溶けのいい生クリームがベースになっていて、その上に乗るマロンクリームは、渋皮を練り込んだ風味の良いもの。中にはほっくり仕上げられた栗のシロップ煮が入り、その下を、ビターなチョコレート風味のスポンジとクッキーで支えます。で、味はと言うと、ほんのりした甘さの後に、栗の風味とチョコの苦味が追いかけてくる感じ。

Patisserieショートベリーのクッキー

時折やってくるクッキーも良いアクセントになります。ほかにも定番から季節のスイーツまでそろう注目店へぜひ。
営業時間は午前10時~午後7時。毎週日曜日定休。

●桔梗町418-112
Tel:87-0500

マロンペーストの美味しさが評判

洋菓子 サロンド・テ・シュクル

サロンド・テ・シュクルのモンブラン

『サロンド・テ・シュクル』は、生洋菓子を始め種類豊富な焼き菓子や、ケーキにも負けない人気の食パンなどもそろう七飯町本町の人気洋菓子店。「和栗のモンブラン」(420円)は、フランス産の栗を少量加えた口当たりの良い和栗ペーストの美味しさが評判。栗のペーストの下にはタルトを土台にクリーミーなクレームブリュレ、栗の実、風味の良い生クリームが隠れています。

サロンド・テ・シュクル外観

その日作ったものをその日のうちに売り切るため少しずつしか作っていないので、購入は電話予約が確実。地元産のリンゴを使った秋限定の「リンゴのシブースト」(320円)も登場。
営業時間は午前9時~午後7時20分(日曜日は午後7時まで)。毎週月曜日定休。駐車場有。

●七飯町本町4-23-1
Tel:64-0755

最高級和栗を使ったモンブラン

シュウェットカカオ

シュウェットカカオのモンブラン

梁川町のときわ通沿いにあるチョコレート専門店『シュウェットカカオ』。ショーケースにずらりと並んだチョコレートやケーキは、味の良さはもちろんのこと見た目も美しく、目移りしてしまう品ぞろえで、見ているだけで幸せな気持ちになります。同店の「モンブラン」(400円)は、香ばしいビスケットに口どけの良いチョコレートガナッシュを巻き込んだロールケーキ、甘さ控えめの生クリーム、最高級の和栗を使ったマロンペーストが重ねられたもの。

シュウェットカカオ外観

いただきの栗のペーストが生チョコレートになった、ほろ苦さを楽しめる「ショコラモンブラン」(400円)もおすすめです。
営業時間は午前10時~午後8時、毎週木曜日定休。駐車場有。

●梁川町27-16
Tel:33-5766

栗のクリームと、そのほかと。

チッチョパスティッチョ

チッチョパスティッチョのモンテビアンコ

本格的イタリアンドルチェで人気の『チッチョパスティッチョ』の「モンテビアンコ」(410円)は、カスターニャと呼ばれるイタリアの小粒の栗を使った、独特の風味の一品。色味が強く、スモーキーな風味のカスターニャのクリームに、コクを与えながらも大人の風味を演出する無糖の生クリームが入ります。香ばしく仕上げた土台のメレンゲにはナッツが入り、風味と食感にアクセントを。そして、全体を引き締めるのが仕上げに振る岩塩。

チッチョパスティッチョ店内

この逸品に施された多彩な工夫はカスターニャのクリームを美味しく食べるためにある。そんな感覚になる秋冬限定の味をぜひ。
営業時間は午前10時~午後8時。毎週月曜日定休(月曜日が祝日の場合は火曜日休)。

●石川町316-5
Tel:34-7020

おすすめコンテンツ