函館の肉が美味しいお店

2017-03-17 vol.608

函館で肉を食べに行くなら絶対外せない女性にも人気の店10

もうすぐ新年度。春を元気に過ごすために、スタミナをつけておきたいものです。今回はズバリ、「肉」の特集。肉料理を食べて、元気に新年度を迎えましょう!

函館で肉を食べに行くなら絶対外せない女性にも人気の店10

老舗ならではの上品な鴨カレー

五島軒本店・レストラン雪河亭

レストラン雪河亭のリッチ鴨カレー

創業明治12年の洋食の老舗・五島軒本店の『レストラン雪河亭』の「リッチ鴨カレー」(2376円)は、長年受け継がれる伝統ある数々の料理の中でも特に注目されている逸品。同店自慢の中辛ビーフカレーをベースに生クリームで仕上げた味わいは実に上品でマイルド。これに、カレーの上に贅沢にのった鴨肉のスライスが絶妙にマッチした、まさに老舗ならではの貫禄を感じるプレミアムカレー。新年度のスタートにぜひ歴史と伝統を感じる店内で、歴史の風格を感じさせる1皿を満喫してみてはいかが…。

11:30〜14:30、17:00〜20:30。無休。P有。

●末広町4-5
☎23-1106

香草がアクセントのラムチョップ

ピッツェリアラウンジ ソル

ピッツェリアラウンジ・ソルのラムチョップの香草パン粉焼きトマトのケッカーソース添え

ラムといえばジンギスカン。となるところですが、『ピッツェリアラウンジ ソル』の「ラムチョップの香草パン粉焼き トマトのケッカーソース添え」(=写真、1450円)はいかがでしょう。こちらはラム肉独特のクセをタイムなどの香草でアクセントを付けることで、苦手な人でも食べやすくなっています。また、焼目を付けた後、オーブンで焼き上げることで外はカリッと、中は柔らかく仕上がっているのも特徴。相性抜群のケッカーソースと合わせてお楽しみください。

18:00~翌1:00(金・土曜、祝前日は翌2:00まで)。火曜休。

●本町6-14
☎32-5044

違いが分かる「若鶏の半身揚げ」

鶏料理専門店 鶏旬

鶏料理専門店鶏旬の若鶏の半身揚げ

北斗市七重浜・国道227号線沿いにある『鶏旬』といえば、秋田県の比内地鶏を使った料理が評判ですが、夜のメニューの中ではオープン当初から「若鶏の半身揚げ」(1080円)が根強い人気。同店では、生の状態で仕入れた鶏肉を十分に熟成させてから調理しているので、ジューシー&肉厚でありながらも脂がしつこくなく、鶏肉本来の旨味を堪能できます。まずはそのまま味わってからオリジナルのカレー風味のスパイスで味の変化を楽しむのもおすすめ。これは違う! と実感できる逸品を、ぜひお試しあれ。ビールにも合います。

11:30〜14:00、18:00〜23:00。月曜休。P有。

●北斗市七重浜8-3-3
☎48-5253

馬刺しの食べ比べを楽しむ

博多 もつ将 函館店

博多もつ将函館店の馬刺し盛り合わせ

九州などから食材を取り寄せ、本場・福岡のもつ鍋を提供している『博多 もつ将 函館店』。熱々メニューに定評のある同店は馬刺しもオススメ。「馬刺し盛り合わせ」(=写真、1814円)は、フタエゴ(希少部位のあばら)、霜降り、赤身のそれぞれの味わいを楽しむことができると老若男女問わずお店を訪れるそう。クセがなくとろけるような馬刺しに甘めの醤油が良く合う贅沢な逸品となっています。
「博多 一口ギョーザ」「みそホルモン鉄板焼き」などの単品料理や「宴会コース」なども人気があります。

18:00~23:00(LO)。日曜、祝休。

●本町5-18
☎83-6969

がっつり食べれる300gステーキ!

情熱ステーキ

情熱ステーキの完熟牛クラシタステーキ

オープン以来、肉の旨味を全面に押し出したメニューで幅広い人気を集める『情熱ステーキ』。同店でまず食べてほしいのが、名刺代わりのランチメニュー「完熟牛クラシタステーキ」(ライス、サラダ、ドリンク付き、1404円)です。クラシタとは肩ロースのこと。肉屋直営の同店だからこそできるドライエイジングで仕上げられたこの一品は、肉の旨味、そして上質な脂身から出るほのかな甘味とコク。オリジナルソースや、ステーキ専用のワサビともよく合います。スッキリ旨い専門店のステーキをぜひ。

11:30~14:00(LO)、17:30~21:00(LO)。木曜休。P有。

●花園町24-21
☎83-1829

函館で進化したシュラスコ

ポン・デ・アスウカウ

ポン・デ・アスウカウのシュラスコ

開店から43年。湯の川、千代台、現在の五稜郭町と、場所を変えながらも肉の美味しさを追求し続けてきた『ポン・デ・アスウカウ』。この店の肉メニューは、店の代名詞ともなっているシュラスコ(サーロイン丸焼500g・11000円)です。遠火で焼くこと2時間近く(肉の大きさによって変動)店主がこだわりぬいて完成させた、門外不出のタレを塗りながら焼き上げるこのメニューは、しっかりした肉の美味しさ、食べごたえを感じる絶妙な柔らかさが同居する、この店ならではの仕上がり。特別な肉メニューをぜひ1度。

17:00~24:00。無休。P有。※丸焼きは要予約。

●五稜郭町30-3
☎56-4936

上質のすき焼きで肉の旨味と甘味を堪能!

阿佐利本店

阿佐利本店のすき焼きセット

明治34年創業『阿佐利本店』は、昭和9年に建てられた総檜造りの建物と全個室の店内で味わう上質のすき焼きが全国的にも有名。おすすめは、黒毛和牛最高級のA5ランクのサーロインを使用した「松コース」(3900円)とリブロースを使用した「竹コース」(3300円)。どちらもA5ランクならではの霜降りの深い味わいと肉の旨味と甘味を堪能できます。工夫を重ねた割下も肉の旨味を引き立てており、旨味が染み込んだ野菜も絶品。各ご飯、野菜、お新香、玉子、デザート付き。確かな品質を確認できる本日の個体識別番号をメニューに表記。

11:00〜20:30(LO)。水曜休。P有。

●宝来町10-11
☎23-0421

世代を超えて人気のとんかつ

とんかつ もりや

んかつもりやのとんかつ定食

創業46年『もりや』のとんかつは、粗目の衣がサックリ香ばしく、柔らかいけれど存在感のある肉に満たされます。「とんかつ定食」(1150円)は定番の人気メニューですが、ひそかに人気を集めているのは「スパカツ」(1100円)。デミソースをかけたとんかつを乗せた昔ながらのナポリタンで、元々は常連客の裏メニュー。このデミソースのファンは多く「デミオムライス」(850円)もイチオシ。ほとんどのメニューは持ち帰りも可能。毎月9・19・29日は「にくの日」で全品(ライス、ドリンク類を除く)100円引き。

11:30~15:00、17:00~20:30。月曜休。P有。

●本通4-29-12
☎53-4344

柔らかくヘルシーな鹿肉料理

旬味  鹿六

旬味鹿六の鹿もも肉炙り

本町の丸井今井函館店の裏手にある『旬味 鹿六』では、厳しい品質・衛星管理を行っている鹿肉の専門店から仕入れた、柔らかく、臭みのない鹿肉を使ったメニュー「鹿もも肉炙り」(1404円)が味わえます。脂が少なく、牛肉の8倍の鉄分を含むと言われる鹿肉は女性にもオススメのヘルシー食材。筋などを丁寧に取り除くことで歯切れ良く仕上げられており、柑橘の風味爽やかな自家製ダレにも良く合います。夜の居酒屋メニューですがランチタイムでもオーダーできます。

11:30~14:00(LO)、17:00~22:30(LO)。日曜休(月曜が祝日の時は営業、翌日休)。

●本町31-8
☎33-4488

上ノ国産フルーツポークの豚しゃぶ

寿々半

寿々半の豚しゃぶセット

すき焼き、しゃぶしゃぶ、せいろ飯が3大看板メニューの『寿々半』では、道産牛のすき焼き、しゃぶしゃぶが評判ですが、上ノ国産フルーツポークを使った豚しゃぶも人気があります。写真の「豚しゃぶセット」(1517円)は、ランチタイム限定のお得なセットメニューで、フルーツポークの肩ロースを使った豚しゃぶに茶碗蒸し、サラダ、ご飯、お吸い物、香の物が付きます。果物とミルク、ヨーグルトで育てられたフルーツポークは柔らかく、肉独特の臭みもなくて脂身もあっさり。

11:00~15:00、夜は17:00から完全予約制。無休。P有。

●本町1-25
☎31-5588

おすすめコンテンツ