道南の春イベント

2017-04-14 vol.610

道南の春イベントまとめ2017!お得で美味しいレジャースポット

もうすぐゴールデンウィークです。今年のゴールデンウィークは、ご家族やお友達同士、カップルで、道南各地に行楽に出かけませんか? 春の道南は楽しいイベントや美しい景色、美味しい話題などがてんこ盛り! 上手にスケジュールを調整して、できる限りいろいろな場所に足を運んでみてはいかがでしょう。ぜひ、思い出に残る素敵なゴールデンウィークを!

道南の春イベントまとめ2017!お得で美味しいレジャースポット

満開のつつじの中で春を満喫 – 恵山地区

人気の「恵山つつじまつり」

恵山のつつじ

恵山の麓のつつじ公園で毎年行われている「恵山つつじまつり」が、今年も5月20日から開催されます。49回目となる今回は、5月28日に山麓の特設会場でステージイベントや、つつじ公園スタンプラリー、ポニー乗馬体験があり、海鮮特産品販売会や露店が出店されます(10:00~14:00予定)。問/85-2336(函館市恵山支所産業建設課)。
「恵山つつじまつり」に遊びに行った際には、ちょっと足を伸ばして「ホテル恵風」(恵山岬町61-2)で温泉を満喫するのもオススメ。
日帰り入浴は大人400円。

問/86-2121。

知る人ぞ知る、へら鮒釣りのメッカ – 七飯町

自然・食事・遊びを満喫

大沼から見える駒ケ岳

駒ケ岳の裾野に広がる大沼国定公園は、函館市内からのドライブコースとしても人気があり、自然・食事・遊びを満喫できるスポット。
また、「へら鮒釣りのメッカ」とも呼ばれており、毎年「北海道大沼へら鮒つり大会」が開催されます。大沼国定公園で釣り上げたへら鮒の大きさや重さを競うこの大会には全国からへら鮒釣り愛好家たちが集まり、重量賞、大物賞などを狙った静かにも熱き戦いが公園内のあちこちで見られるそう。第37回となる今年は、5月14日(日)、5:00から競技開始(検量は15:00~15:30)。

問/67-2143(北海道大沼へら鮒つり大会実行委員会)。

楽しい、美味しいが盛りだくさん – 鹿部町

「春のえびつぶ祭り」が楽しい!

鹿部町の春のえびつぶ祭り

鹿部公園で開催される「第5回鹿部春のえびつぶ祭り」は、桜を満喫しながら、春が旬のえびとつぶ貝の販売や鹿部町の特産品を味わえるグルメブースでお腹も満足。子供向けアトラクションなどもあります。
開催日は5月21日(予定)。入場無料。荒天中止。
問/01372-7-5293(鹿部町観光商工課)。

期間中は同会場と道の駅しかべ間歇泉公園を結ぶ無料バスが運行されるので、間歇泉、足湯、物産館、鹿部漁協女性部による浜のかあさん食堂(11:00〜14:00)にも行ってみてはいかが…。
間歇泉公園施設のみ入園料大人300円、小中学生200円。4〜9月の開館は8:30〜18:00。各P有。
問/01372-7-5655(道の駅しかべ間歇泉公園)。

桜並木のライトアップが魅力的 – 北斗市

お花見バーベキューで楽しいひと時

松前藩戸切地陣屋跡のライトアップされた桜のトンネル

樹齢300年以上の法亀寺のシダレザクラや国指定史跡・松前藩戸切地陣屋跡の桜のトンネル、大野川沿いの桜並木が夜間にライトアップされる『北斗桜回廊』が今年も4月29日から5月14日までの期間に開催されます(期間は予定、開花状況等により変更の場合有)。松前藩戸切地陣屋前広場には物販コーナーやお花見バーベキュー用の七輪セット(食べ物は各自持ち込み)が500円で貸し出しされます。ほかに、清川千本桜をつなぐ道道96号沿いの桜も必見です。

『北斗桜回廊』の詳細は北斗市観光案内所Tel:84-1147までどうぞ。
桜の季節の北斗市は賑やかでお祭りムードがたっぷり。ご家族連れやカップル、お友達とぜひ!

歌謡ショー、花火など見所満載! – 森町

最終日の約1000発の花火も見もの

森町のもりまち桜まつり

5月3~14日に開催される「もりまち桜まつり」。7日には毎年注目を集めている歌謡ショーが行われ、今年はTOMORROWでお馴染みの岡本真夜さんなどが出演予定。そのほかにも、5日はお子さんに人気のエアー遊具を2基導入した「ふあふあランド」を無料開設。また、5、6日の11:00~14:00は「ジンギスカンカーニバル」を開催します。全5種類ある各店のジンギスカンを手軽な価格で提供しますので、お見逃しなく(数量限定)。さらに、森町桜出店会による出店、お花見お茶会など各種イベントが行われ、最終日の約1000発の花火も見もの!
開催場所は青葉ヶ丘公園他。

問/さくらまつり実行委員会(事務局/森観光協会)
Tel:01374-7-1286

知内町の特産品が勢ぞろい – 知内町

焼きガキコーナーも人気

知内町のさくらまつり青空市

道南の桜のシーズンであるゴールデンウイークに知内町で開かれる食のイベント「さくらまつり青空市」。今年の開催は5月3日(9:00~15:00)、4日(9:00~14:00)の2日間です。毎年町内外から多くの人が訪れるこのイベントでは、地元の農水産物が豊富にそろう町特産品の格安販売や、とれたてのカキをその場で味わえる焼きガキコーナーが人気。各コーナー売り切れ次第販売終了となりますので、思う存分楽しむなら早めに足を運ぶのがオススメです。美味しい物を味わいに、ドライブがてら訪れてみてはいかがでしょう。
会場は知内町役場駐車場(知内町重内)。

問/知内町産業振興課商工観光係
Tel:01392-5-6161

女性達による熱戦が見もの – 福島町

26回目を数える女相撲大会

福島町の女相撲大会

第41代横綱千代の山、第58代横綱千代の富士の2人の偉大な横綱を生んだ町・福島町で毎年、母の日に開かれている『北海道女だけの相撲大会』が、今年も5月14日に福島町鏡山公園相撲場で開かれます(少雨決行、雨天の場合は福島町総合体育館で実施)。今年で26回目となるこの大会は、女性のみが参加できる珍しい相撲大会として知られ、例年道内をはじめ全国から力自慢の女性たちなどが多数参加。楽しくも迫力満点の熱戦を繰り広げます。9:30スタート。観戦は無料。観戦者に抽選でプレゼントもあります(参加申し込みは定員に達したため締め切り)。

問/福島町観光協会
Tel:0139-47-3004(福島町産業課内)

熊石あわびの里フェスティバル – 熊石地区

熊石青少年旅行村

熊石あわびの里フェスティバルで売られる炭焼きあわび

見頃の八重桜とともに活あわびをふんだんに満喫できるこのイベントは、毎年大勢の来場者で賑わいます。特に、あわび引換券などが当たる「あわび宝もちまき」や、「ビンゴ大会」(ビンゴカード1枚300円)は大人気。アワビのほかにもホタテやアオヤギなどの海産物、八雲牛のステーキやハンバーグも販売しており、無料炭火コーナーで購入した食材をその場で炭焼きすることが可能。容器持参で1人20リットルまで海洋深層水の無料分水もあり(14:00まで)。
開催日は5月21日日曜9:00~。雨天決行。P有。第2駐車場(漁港ふれあい広場)からは無料シャトルバス運行。

問/八雲町熊石総合支所産業課
Tel:01398-2-3111

地元食材を使ったBBQ! – 上ノ国町

上ノ国町よってけ市

上ノ国町よってけ市のバーベキュー

荒々しい自然がつくり出した雄大な景色が楽しめることで、北海道屈指のドライブコースとして知られる、松前半島をぐるりと囲む国道228号線。その沿道にある上ノ国町の「道の駅もんじゅ」で毎年開催される『上ノ国町よってけ市』の今年の開催は5月3日~5日の各9:30~14:30。
あわび、オニエビ、アスパラ、行者にんにくなど、地元で獲れた素材を使ったBBQセットを、なんと1000円で提供(限定数あり)。ほかにも、特産品詰め合わせなどが当たる「抽選会」、新鮮なあわびを特価で買える「あわびじゃんけん」などの催しも多数開催されるので、家族や友人同士でぜひ足を運んでください。

問/道の駅上ノ国町もんじゅ
Tel:0139-55-3955

フェリー新造船就航記念! – 奥尻町

奥尻へようこそ2017

奥尻町の新造船就航記念式典

新緑に包まれる春は、奥尻島が輝き出す季節。名物のウニの季節はまだ先ですが、あわびをはじめとする多彩な島の味覚。そして、この季節ならではの光景が島を覆い尽くします。
そんな奥尻旅をより快適にする、新フェリー『カランセ奥尻』が就航。それを記念して、奥尻港フェリーターミナルでは5月1日15:30〜16:15(予定)に、「奥尻島へようこそ2017」を開催します。先着400人に奥尻産あわびを振る舞うほか、奥尻ワインや奥尻の地酒もウェルカムドリンクとして無料でサービスします。当日のフェリー着岸時には、島の子ども達の「おかえりなさーい!」の掛け声とともにお出迎え。春の奥尻を新フェリーで!

問/奥尻島観光協会
Tel:01397-2-3456

おすすめコンテンツ