函館スイーツ人気店

函館スイーツ・地元や観光客に人気の和洋菓子を集めてみた

函館はスイーツが美味しいことでも有名なんですよ。一度、食べたらクセになる「ふわっふわの豆乳シフォンケーキ」や口の中でとろける美味しいショコラなど、チェックしておくべき函館スイーツをまとめました。

函館スイーツ・地元や観光客に人気の和洋菓子を集めてみた

美味しくて人気の函館スイーツまとめ

函館に観光で訪れたときに食べておくべきスイーツ、地元の人の「おやつ」として、また、観光客のお土産としても人気の「函館スイーツ」を集めました。チョコレート、ケーキなどの「洋菓子」、ファンが多い大福などの「和菓子」に分けて紹介します。

朝市が有名な人気観光地の函館はイカやカニなどの魚介類に注目が集まりがちですが、自然に恵まれた北海道ならではの食材やこだわりの製法で作られた美味しいスイーツが豊富に揃う街なんですよ。

函館駅、函館空港、函館山、五稜郭タワーなどの観光スポットのお土産コーナーで購入できる商品の他に、店舗でしか買えない商品もピックアップしていますので事前に情報チェックしてくださいね。

函館スイーツ/洋菓子

旅行で函館を訪れた際に宿泊先のホテルで食べたいスイーツ、お土産として喜ばれるお菓子、通販も可能な洋菓子スイーツなどを集めました。

ショコラ・ヴォヤージュ

アンジェリック・ヴォヤージュのショコラ・ヴォヤージュ

北海道でも珍しい完全放牧として知られる「斉藤牧場」で育ったウシの牛乳と、青森県津軽の鯵ヶ沢の自然養鶏法を行っている「長谷川自然牧場」のタマゴを使用するなど、原材料にも強いこだわりをもつアンジェリック・ヴォヤージュ。

発売以来、美味しい函館スイーツとして大人気の「ショコラ・ヴォヤージュ」(12個入り1,300円)は、ふわっふわで口の中にいれた瞬間にとろけはじめる生クリームを自慢のガナッシュで包みこんだ生トリュフです。1日100箱限定なので早めの来店をオススメします。

アンジェリック・ヴォヤージュ-HOME- http://www.angeliquevoyage.com/

函館豆乳シフォン

函館豆乳シフォン

超ふわふわ&しっとりの食感と優しい甘みがクセになる函館スイーツとして、地元でも大人気の「函館豆乳シフォン」17cm型980円(税込)に使用している原材料は、北海道大豆の豆乳と北海道産の小麦粉です。

「スイーツ」として食べるのはもちろんですが、朝食のパン代わりに目玉焼きやソーセージと一緒に食べるのもオススメです。「体にやさしい・安心・安全」をモットーにしている「函館おたふく堂」のスイーツは、防腐剤や膨張剤を一切使わない徹底したこだわりのもと、丁寧に作られています。

函館おたふく堂ホームページhttp://hakodate-otafuku.com/

ずーしーほっきーエクレア

ずーしーほっきーエクレア

見た目のインパクトが強い「ゆるキャラ」として有名になった「ずーしーほっきー」は、2016年3月に開通した北海道新幹線が停車する「新函館北斗駅」がある函館の隣町、北斗市で誕生しました。

北斗市の洋菓子店で販売している「もちもちエクレア」250円(税込)には、チョコレート部分に「ずーしーほっきー」が描かれていてインパクト大のスイーツなんです。

北斗市産のお米「ふっくりんっこ」を使用した弾力のある”柔らかシュー”と、新鮮な北海道産の牛乳を使った甘さ控えめのカスタードクリームが美味!見た目の面白さや話題性抜群のスイーツは函館駅でも購入可能なので、ぜひ、一度は食べてみて下さいね。

PATISSERIE jolicreer(ジョリクレール)
http://www.hokuto-jolicreer.com/index.html

ドンデマカロニ

ドンデマカロニ

穀物に圧力をかけて作る「ポン菓子」を、北海道では「ドン菓子」と言います。「ドンデマカロニ」380円(税込)は、その名の通り、マカロニのドン菓子のこと。一般的に「ポン(ドン)菓子」に使われるのは、お米やトウモロコシなどの穀物ですが、この商品は「マカロニ」が主役なんです。

どんな味かと思って試食をしてみたところ、これが旨い!「白かりんとう」のような見た目ですが、食感はカリントウよりも柔らかく、ほんのりとした北海道ビートの砂糖の甘味といい、一口食べたら止まりません。

【DON de MACARONI】ドンデマカロニ
http://dondondon.net/

キャラメルガトー

キャラメルガトー

食べた瞬間、口の中いっぱいにひろがるキャラメルの風味と滑らかな食感はクセになること間違いなし!しっとり濃厚な味のケーキが好みの方にオススメの函館スイーツです。「キャラメルガトー」は1箱540円(税込)と、価格がリーズナブルなのも嬉しいポイント。函館土産として絶対に喜ばれるスイーツのひとつですよ。

メロンパンアイス

メロンパンアイス

函館や近郊発祥のスイーツではなく、着々と全国各地に店舗展開しつつあるスイーツですが、観光のついでに「世界で2番目においしい焼きたてメロンパンアイスって、どんな味なんだろう?」と、気になっている方は、ぜひ、元町エリア散策中に立ち寄ってみて下さい。

世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス
http://melonpan-ice.com/

チーズオムレット

チーズオムレット

2000年に誕生した「チーズオムレット」1個1567円(税込)は、ふわっと柔らかく、とろける食感とチーズの豊かな風味がクチコミで広がり、あっという間に全国区の人気商品になりました。今では、すっかり函館スイーツの定番となりましたが、まだまだ進化は止まりません。

同じく定番の濃厚なカカオの風味を味わえる「蒸し焼きショコラ」1個157円(税込)以外にも、「いちご味」「メイプル味」など季節限定の味を提供してくれるので飽きることがありません。

ペイストリー スナッフルス
http://www.snaffles.jp/

函館スイーツ/和菓子

「洋」のイメージが強い函館ですが、食べ逃したくない「和スイーツ」も充実しているんですよ。

大福

大阪屋の大福

函館スイーツ和菓子部門の中でも特におすすめなのが「大阪屋」の大福です。餡子は「こしあん」「つぶあん」の2種から選べるんですよ。北海道産のもち米を100%と塩だけで手作りしている餅は肉厚で、餡の甘味を引き立てる塩加減。防腐剤や保存料を使用していないので「当日」が食べごろ!

お餅の美味しさを味わえるように餡の甘さ控えめにするなど、こだわりを感じる「大阪屋」の大福200円(税込)は、ずっしりと重みがあり、直径約7cmと食べ応え満点!「草大福・白大福・豆大福・くるみ大福・紅大福・胡麻大福」その他、期間限定の大福も食べられることがあります。

添加物不使用なので翌日には餅が固くなります。当日食べきれない場合は、柔らかいうちに冷凍保存して自然解凍すれば美味しく食べられますよ。(賞味期限14日間)

大福の大阪屋
http://www.daifuku-osakaya.com/

きびだんご

天狗堂宝船のきびだんご

岡山県の名物として知られている「吉備団子(きびだんご)」と、多くの北海道民が小さい頃から馴染のある「きびだんご(起備団合)」の原料も製法も違うのをご存知でしたか?

もっちりした食感で甘い「きびだんご」は、その昔、北海道開拓にあたった屯田兵の”携帯食”として用いられていたほど、腹持ちが良いお菓子。

「クルミ入り」「がごめ昆布入り」など、味のバリエーションも豊富な「きびだんご」は、函館のソウルフードとして長く愛されている和菓子です。函館市内及び、近郊のコンビニでも購入できますよ。

天狗堂宝船
http://www.tengudou.co.jp/yurai/index.html

いかようかん

いかようかん

もともと店内のディスプレイ用として作らたものを商品化し、1997年に発売以来リアルな見た目が衝撃的と話題になった「いかようかん」は、函館の和スイーツの中でもロングセラー商品として人気を誇ります。コーヒー味の餡と羊羹でつくった皮の間に求肥をはさみ、もちっと弾力のある食感ですよ。

函館の和スイーツ「いかようかん」1,118円(税込)の画像をSNSにアップすれば、盛り上がること間違いなしです!

函館柳屋
http://ikayokan.lar.jp/

五勝手屋羊羹

五勝手屋羊羹

筒の下から指で押し上げた羊羹を、容器に付いている糸で好みの薄さにカットして食べる「五勝手屋羊羹」は、昭和14~15年頃に考案された商品。

極薄に切ってみたり、厚くカットしてみたりと、子供の頃から食べている地元っ子からは、”羊羹を切るときのワクワク感”も楽しみのひとつなのだとか。「五勝手羊羹」の価格は1本271円(税込)ミニサイズ206円(税込)もありますよ!

五勝手屋本舗
http://www.gokatteya.co.jp/marukan/

一度は食べてみたい函館スイーツ

美味しいスイーツを食べるとテンションがあがって幸せな気分になれますよね。函館には甘い物が好きな人にオススメしたい人気スイーツが豊富にあるので、ぜひ、美味しいスイーツをチェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ