青いぽすと会社外観

会社概要

『青いぽすと』新発行人就任ご挨拶

『青いぽすと』経営に対する初心

「株式会社 青いぽすと」代表取締役 加藤 進

「株式会社 青いぽすと」
代表取締役 加藤 進

私は1998年4月1日に「函館まねきネット」という個人事業を創業しました。最初の3ヶ月は収入がゼロ。自分の事業の広告をどこに出すべきか、新聞か、雑誌か…、悩んでいたところに、現編集長の青山さんにお会いして、『青いぽすと』に決めました。

そのお陰で、私の「パソコン家庭教師」というビジネスは朝の8時から夜の12時まで休みなく繁盛しました。

あの出会いから18年。NCV代理店広告、「こんな会社つくってますシリーズ」広告、ホテル事業の広告、不動産事業の広告など、会社の発展とともに、『青いぽすと』が有益な広告媒体としてありました。

そしてこの度、ご縁がありまして、『株式会社青いぽすと』の代表取締役に就任し、その経営を担うことになりました。1991年6月の発行から25年続く『青いぽすと』ですが、その伝統を受け継ぎつつ、さらに発展させていけるよう決意を新たにしております。

そこで、これから経営していくにあたり、読者のみなさまの前に、私の初心を表明しておきたいと思います。

第1に、『青いぽすと』を配布する、およそ300人の皆さんを大切にしたいと思います。

暑い日も寒い日も雨の日も雪の日も、一軒一軒の玄関・ポストに入れていきます。この人たちが12万1,000世帯に『青いぽすと』を届けています。この方々の雇用を守り、生活を応援していけるよう努力して参ります。

第2に、編集や営業の社員を大切にします。

この人たちは勤務時間に限らず、函館のこと、読者のこと、広告主のこと、そして、その未来に有益な情報を適切に届けようと努力しています。この人たちが思ったように働けるような環境を整えたいと考えます。

第3に、広告主を大切にします。

『青いぽすと』を無料でお配りできるのは、広告を出してくださる企業様のお陰です。当社は企業様の期待に「費用対効果」で応えます。1にも2にも3にも費用対効果にこだわります。

『青いぽすと』だと、確実に結果が出るよね」

これは、私自身が広告主として持っていた実感です。これを多くの広告主の皆さんに実感・体験していただきたいと思っています。

第4に、読者のみなさんの声を大切にします。

『青いぽすと』ほど、隅々までよく読まれているフリーペーパーは無いと思います。また、読者の皆さまからの声もたくさん編集室に届いています。

私は社長として、その全てに目を通し、可能な限り、読者の皆さんの期待に応える紙面づくりをしたいと考えています。

第5に、この会社は利益を溜め込みません。

役員報酬も最低限に抑え、社員、配布スタッフ、読者のみなさんに還元し、函館でお金が循環するように活用してまいります。

道南地域に住む皆さん、配布スタッフとして、社員として、広告主として、読者として、どうか、『青いぽすと』づくりに参加してください。新しい『青いぽすと』をどうぞよろしくお願いいたします。

会社概要

会社名
株式会社青いぽすと
代表取締役
加藤 進
法人設立
1986年12月11日
函館どっく内MID事業部発足
1991年6月1日
事業内容
  • フリーペーパー『青いぽすと』発行
  • 宅配事業
  • 通信販売
資本金
1,000万円
MIDスタッフ
約280人
会社所在地
〒040-0063
北海道函館市若松町30番21号
連絡先

TEL: 0138-84-6816
FAX: 0138-27-5001
Mail: info@aopos.jp

グループ会社