夏に食べたいスイーツ特集

2020-07-17 vol.688

函館の夏・スイーツ2020!今年食べたいおすすめ10

夏に食べたいスイーツ特集として、厳選した10店舗から今年の夏に食べたいスイーツをご紹介。和洋問わず夏のスイーツをたっぷり味わいましょう!

函館の夏・スイーツ2020!今年食べたいおすすめ10

メロン好きにたまらない夏スイーツ

カロメリア

カロメリアの赤玉キング

「赤玉キング」「青玉キング」。そんなネーミングの素敵なスイーツが、鍛治1丁目の『カロメリア』にあります。赤玉、青玉はそれぞれメロンの品種のこと。同店の夏の目玉商品として人気のこのスイーツは、メロンを贅沢に半分使用。生クリームとメロン味のカスタードクリーム、桃味のゼリーとメロンの果肉とのハーモニーが絶妙な、1度食べたらクセになりそうな逸品です。取材時のテイクアウト価格は972円ですが、仕入れ価格により価格は変動の場合があります。
8月中旬までの期間限定品。

10:00〜19:00。
木曜休、ほか水曜不定休。P有。

●鍛治1-48-29-1
Tel:32-5060

みずみずしいリンゴの味わい

函館千秋庵総本家 宝来町本店

函館千秋庵総本家宝来町本店の七飯林檎ゼリー

「千秋庵総本家」がおすすめする夏の味わいは、西洋リンゴ発祥の地・七飯町のリンゴを使用した「七飯林檎ゼリー」(=写真、270円)。芳醇な香りと甘さが強く、まるで蜜がたっぷりのリンゴをそのまま食べているよう。なめらかな舌触りのゼリーの中には果肉がたっぷりと入っているのでシャリシャリとした食感も楽しめます。小さなお子さんからお年寄りまで安心して食べられるのでお土産にもピッタリ。エゾリスが描かれた可愛いパッケージも人気です。
『函館千秋庵総本家 宝来町本店』をはじめ各店で販売中。

9:30~18:00。
水曜休。P有。

●宝来町9-9
Tel:︎23-5131

目にも涼やかな水ようかん

大福の大阪屋

大福の大阪屋の水ようかん

夏を感じる和菓子の代表格と言えば、やっぱり水ようかん。『大福の大阪屋』では、透明な寒天の中にバラの形に固めた餡を閉じ込めた、目にも涼しげな水ようかん(180円)を8月末頃までの期間限定で販売しています。底に敷いた笹の葉も清涼感があり、夏らしさ満点。餡には少し塩をきかせてあり、甘ったるくないので暑い夏でもさっぱりと食べられます。保存料不使用なので、その日のうちにいただくのがベスト。よく冷やしてほんのり甘い寒天の優しい味わいと、甘みと塩味のバランスが取れた餡の深い味わいをじっくりと。
数量限定、予約可能。

11:00~16:00。
水曜休、ほか不定休有。

●桔梗町418-486 1階
Tel:︎050-2020-8870

心ときめく宝箱のようなパフェ

パティスリーシュウ

パティスリーシュウの桃のパフェ

『パティスリーシュウ』では、季節のフルーツを使ったパフェを提供しており、7月は「桃のパフェ」(1000円~、使用するフルーツによって変動)が登場中。見た目も可愛いこのパフェには、贅沢に使用した旬の桃をはじめ、桃のジュレ、パンナコッタ、アイスクリーム、メレンゲと単品でも主役になるスイーツが入っています。それらを1つにまとめる生クリームやカスタードの優しい甘さにフランボワーズソースの爽やかな酸味など、素材の組み合わせも見事。まるで宝箱のようなパフェを、ぜひ味わってみては。

10:00~19:30。テイクアウトは12:00~16:00。
水曜休、ほか不定休有。P有。

●北美原1-4-13
Tel:83-6799

夏季限定! まるごとフルーツのゼリー

Short Berry(ショートベリー)

Short Berryのまるごとオレンジゼリー

函館新道沿い・函館トヨペット横を入ったところにある『Short Berry』では、毎年夏に好評のフルーツゼリーが登場しました。果肉をまるごと絞った果汁を使ったこのゼリーは、果物の皮の器も涼しげな印象。フレッシュな味わいと上品な甘さの「まるごとオレンジゼリー」(400円)と独特のほろ苦さを爽やかに仕上げた「グレープフルーツゼリー」(460円)の2種類があり、どちらも果物の瑞々しさや味わいを最大限にいかしながら、喉越しの良いふるふるとした口あたりも楽しめます。
夏季限定の2つの味を、食べ比べてみては…。

10:00~19:00(日曜日18:00まで)。
不定休。P有。

●桔梗町418-112
Tel:87-0500

夏を彩る上生菓子

菓匠 ゆめや

菓匠ゆめやの清流

形や色合いだけではなく、名前にも季節の彩りが表現されている上生菓子。『菓匠 ゆめや』の上生菓子は月替わりとなっており、7月には小川を泳ぐアユの姿が涼しげな「清流」(=写真)や、「朝顔」「露草」などの夏にピッタリな上生菓子が店頭に並びます(各200円)。
上生菓子など、小豆から炊き上げる自家製のこしあんを使用したお菓子はどれも好評です。「豆大福」「草大福」「青豆大福」のほか、今の季節には紫蘇の風味が香る「紫蘇餅」(130円)もおすすめの一品。

9:00~18:00(日曜、祝日は~17:00)。
不定休。P有。

●北斗市東浜2-22-7
Tel:73-9620

グレープフルーツそのままの味わい

函館洋菓子スナッフルス 駅前店

函館洋菓子スナッフルスの半割グレープフルーツゼリー

『函館洋菓子スナッフルス』から、毎年人気の夏季限定商品「半割グレープフルーツゼリー」(346円)が今年も登場しています。
グレープフルーツの中身をくり抜いて果汁をギュッと絞ったゼリーは、まるで生のグレープフルーツを丸ごと食べているよう。さっぱりとした味わいはもちろん、つるんとした喉越しなので暑い夏にピッタリ。この季節感たっぷりのみずみずしいフルーツゼリーは見た目にもインパクトがあるので、ちょっとしたお土産にもオススメです。
駅前店のほか、丸井今井店、湯浜店、高丘店でも販売。

●若松町18-2
Tel:︎22-4704

葛(くず)を使ったアイスのような和菓子

和創菓 ひとひら

和創菓ひとひらの涼しん棒

「ヨシダのお菓子」の呼び名で親しまれている「株式会社 吉田食品」の直営店『和創菓 ひとひら』。同店のこの夏のおすすめは、葛(くず)菓子を凍らせてアイスキャンディ風に仕立てた「涼しん棒」(1本216円)。葛に果汁とカットフルーツを加えて冷やし固めたもので、「みかん」「いちご」「白桃」「ブルーベリー」「メロン」など10種類ほどのフレーバーを用意しています。ひんやり冷たいのはもちろん、フルーツの美味しさがギュッと詰まっており、爽やかで夏の定番になることうけあい。葛を使っているので解凍後に溶けてなくならなのも特徴。
水ようかんやあんみつなども人気。

9:00~19:00。
無休。P有。

●西桔梗町851-13
Tel:83-6668

旬のブルーベリーを使った夏メニュー

PETI PATI(ぷてぃぱてぃ)

PETI PATIのブルベリーヨーグルトムース

赤川通沿い・美原交番並びにある洋菓子店『PETI PATI』では、夏限定の「ブルベリーヨーグルトムース」(テイクアウト価格429円)が登場しています。ブルーベリージャムを練り込んだふんわり優しい風味のヨーグルトムースの上に、旬のブルーベリーと、酸味をプラスするためのフランボワーズとクランベリーをトッピング。グラスに入った涼やかな見た目もグッドなスイーツです。夏限定メニューは他に「ぶどうのゼリー」や「マンゴームース」もあります。北斗市の鈴木牧場のミルクを使ったソフトクリームやパフェ、サンデーなどもおすすめ。

9:30~19:00(日曜~18:00)。
木曜休。P有。

●美原2-38-4
Tel:070-4320-4357

夏を彩る美しい上生菓子

御菓子処 ひとつ風

御菓子処ひとつ風の上生菓子

四季折々、五感に語りかける和菓子を提供している『御菓子処 ひとつ風』では、季節を表現した美しい上生菓子がそろっており、この時期は日本の夏の風情や涼を感じるものが並んでいます。白あんと卵の黄身を蒸しあげたしぐれで作る「スイカ」、煉り切りのもっちりした食感が絶妙な「ほおずき」と「てんとう虫」、味わい深いきんとんの「ほたる」など、常時8~10種類用意。いずれも目で楽しめることはもちろん、上品な甘さや口あたりの良さが感動的。
各1個220円。箱入り6個1580円~。桐箱入り15個3970円。「冷菓麩まんじゅう」と「くずバー」も夏に好評。

9:00~18:00。
水曜休。P有。

●松陰町8-1
Tel:54-8977

おすすめコンテンツ