あんかけ焼きそば函館10選

2018-09-28 vol.645

函館のあんかけ焼きそば厳選10店の一皿

もうすぐランチタイムという時などに、「今日は何を食べよう?」と迷ってしまう時はありませんか? そんな時は、とろりとしたあんと具だくさんが食欲をそそる「あんかけ焼きそば」はいかがでしょう。今回は本紙厳選の10店舗の自慢の1皿をピックアップしました。

函館のあんかけ焼きそば厳選10店の一皿

伝説のあんかけ焼きそば

ラッキーピエロ

ラッキーピエロ 伝説のあんかけ焼きそば

『ラッキーピエロ』の前身として本町で人気を集めていた中国料理店「シルクロード」。この店で大人気となっていた伝説のあんかけ焼きそばが現在、ラッキーピエロ人見店、本通店、北斗飯生店の3店舗で復活メニューとして数量限定でメニューに加わっており、オールドファンはもとより、数多くのあんかけ党を魅了している。1皿745円。焼き加減が抜群の麺と具だくさんのあんかけの「パリッ、トロッ」の食感のハーモニーが抜群の広東風。今日は何を食べようかと迷ったらぜひ、伝説のあんかけ焼きそばをご賞味あれ!

伝説メニュー復活の聖地・人見店では1日50食限定。
本通店、北斗飯生店では各1日20食限定。

絶妙! 手間をかけた人気店の味

中国料理 幸珍

中国料理 幸珍の「豚肉とピーマンの細切りあんかけ焼きそば」

「絶妙」。昭和3丁目・産業道路沿いにある『中国料理 幸珍』の「豚肉とピーマンの細切りあんかけ焼きそば」(900円)をひと口食べた瞬間にその2文字が頭に浮かんだ。肉の細切りのことを中国料理では「肉糸(ルースー)」と呼ぶ。豚バラ肉の塊を1度冷凍することで、細くて均一な肉の細切りに仕上げることができる。そんな手間をかけたからこそ、ほどよく焦げが入った麺ととろとろの餡、細切りの豚肉とピーマンの絶妙な食感がたまらない1皿が完成する。これぞ職人技! 

営業時間は11時30分〜LO13時30分、17時〜LO19時30分。
火曜休。P有。

●昭和3-30-12
Tel:46-7705

ランチは選べるあんが12種類!

チャイナダイニング鳳凰

チャイナダイニング鳳凰 プリプリ海老ワンタン黒胡椒あんかけ焼きそば

本格中華をリーズナブルな価格で提供している『チャイナダイニング鳳凰』。あんかけ焼きそばは定番人気メニューだが、中でもお店イチオシなのが「プリプリ海老ワンタン黒胡椒あんかけ焼きそば」(980円)。カリッと揚げた自家製海老ワンタンに、食感の異なる2種類の黒胡椒をきかせたあんがからむ、他にはない一品だ。ランチではなんと12種類のあんかけから食べたいものを選んだら、焼きそば、炒飯、ラーメン、白飯のどれにかけるかまで選べるのも嬉しい。

営業時間は11時30分~LO14時30分、17時~LO21時30分。
水曜休。P有。

●桔梗町418-110
Tel:84-6004

塩派も醤油派も満足!

中国料理 李太白

中国料理 李太白 海老焼きそば

個室でゆっくりと食事を楽しめる『中国料理 李太白』では、2種類のあんかけ焼きそばを提供。存在感のある海老が嬉しい「海老焼きそば」(950円)は、さっぱりとした塩味のあんが食材の旨味を引き立てる1品。醤油味の「五目焼きそば」(880円)も間違いない美味しさ。各+200円で倍量の大盛。食材はそのままで、塩味と醤油味の変更も可。「麺・飯チョイスランチ」(麺類1350円、飯類1250円)の麺類メニューから前述した2種類の焼きそばを選ぶこともできます。

営業時間は11時30分〜LO14時30分、17時〜20時30分。
水曜休。P有。

●宮前町30-2
Tel:42-7778

創業から受け継がれてきた味

中国料理 香港

中国料理 香港 五目あんかけ焼きそば

本格中華を気軽に味わえる『中国料理 香港』は、セットメニューから一品料理まで充実。人気の「五目あんかけ焼きそば」(スープ付き860円)は、塩味をベースに中華の調味料や醤油を加えたあんが、あっさりしつつも深いコクを感じる1品。あんかけのとろみと食材の食感、麺の絡み具合も絶妙です。47年前の創業から変わらず受け継がれてきたあんかけ焼きそばを、ぜひ! 配達可(詳細はお問い合わせを)。

10月は麻婆ラーメン(780円)が500円になる企画も有。

営業時間は11時30分〜LO14時30分、17時〜LO20時30分。
水曜休。P有。

●柏木町7-2
Tel:52-6478

種類豊富な具材に舌鼓

中華レストラン 杏梨

中華レストラン 杏梨 五目あんかけ焼きそば

『中華レストラン 杏梨』の「五目あんかけ焼きそば」の具材は五目というよりとっても豊富。道産小麦を使った麺はモチモチとした食感が特徴で、具材やあんに負けない存在感があります。ボニューム満点のこちらは880円と嬉しい価格ですが、同メニューを含む8種から選べるメインメニューにサラダ、小皿料理、スープ、デザートが付いた「湯の川セット」(1400円)はさらにお得!
「五目あんかけ焼きそばハーフ」(500円)もあります。

営業時間は11時30分~LO14時30分、17時~LO20時30分。
水曜休。P有。

●湯川町2-7-2
Tel:76-3233

人気の理由は大きな具材

中国料理 張家口

中国料理 張家口 五目あんかけ焼きそば

多彩な一品料理からコース料理まで本格的な中国料理を愉しめる『中国料理 張家口』の「五目あんかけ焼きそば」(880円)は、大きめの具材がたっぷりと入っていて多くの人を虜にしている逸品。
同メニューと人気の一品料理を含む8品を味わうことができる「宴会プラン」は、特別な日の食事やパーティなどにもピッタリと好評です(120分飲み放題付1人3500円、利用は4人~、ディナー限定)。
ほかにも「手作り辣油の四川担々麺」や「餃子」もオススメ。

11時~LO14時30分、17時~LO20時30分。
不定休。P有。

●石川町314-4
Tel:47-7570

あんかけの色の濃さに秘密あり!

ローカン

ローカン あんかけ焼きそば醤油味

サン・リフレ函館内の『ローカン』の「あんかけ焼きそば醤油味」(700円)は、開店以来20年以上に渡って同店の1番人気を誇る看板メニュー。大きな皿を埋め尽くす盛りの良さと具材の多さに初めは圧倒されますが、食べ始めたらそのおいしさに箸が止まりません。
あんかけの色が濃いのは、店主が独自に考案した技法でカドを取り、その後一定期間寝かせた醤油を使っているから。食べてみると全く塩辛さはなく、まろやかな味わいに驚かされます。「これからも内容を変えずにがんばっていきます」と店主。

11時〜13時30分、日曜・祝日・第3木曜定休。

●大森町2-14 サン・リフレ函館1階
Tel:22-6643

パリッパリの揚げ麺あんかけ

中国料理 東春

中国料理 東春 かたい焼きソバ

『東春』は創業以来およそ50年愛され続ける中国料理店。人気のあんかけ焼きそばの中でも「かたい焼きソバ」(=写真、1026円)は、パリパリの揚げ麺にトロリとあんの旨みが絡む至福の1品。五目あんかけの具には魚介や野菜などがたっぷり使われており、注目は自家製のチャーシュー。凝縮された旨味がしっとり柔らか、優しく深い味わいです。あんは五目あんのほか塩味のエビあん、カニあんなどがあり、香ばしい焼き麺もイチオシ。

11時~LO14時30分、17時~LO21時30分(日曜・祝日LO20時30分)。
月曜休(祝日の場合は翌火曜休)。P有。

●本町22-4
Tel:31-3666

注目の新店のあんかけ焼そば

海まち中華 かりんとう

海まち中華 かりんとう 五目あんかけ焼そば

本町にある『かりんとう』は昨年12月にオープンした中華レストラン。札幌のホテルや市内のレストランで腕を磨いた料理長が油を極力控えた調理で素材の持ち味を生かした料理を提供。「五目あんかけ焼そば」(900円)は、オイスターソースをベースにしたコクのある味わいが楽しめます。
あんかけ焼そばでは、このほか「大海老入りあんかけ焼そば」(ランチタイムはコーヒー付き1500円、ディナータイムは単品1300円)もオススメ。

ランチ土・日曜、祝日11時30分~14時、ディナー18時~翌2時(日曜、祝日~22時)。
月曜、第3火曜休。

●本町22-11 グリーンエステートビル1階
Tel:31-8811

おすすめコンテンツ