身も心もリラックスしたい秋のお出かけ

2019-10-18 vol.670

函館の秋に訪れたい極上の癒しスポット特集

深まる秋とともに心も体もリラックスして日頃の疲れから解放されるひと時…。そんな時間を求めて、あなただけの癒しの空間を探してみませんか?秋のパノラマを一望したい、喫茶店でゆったりと過ごしたい、生きものと触れ合うひと時を楽しみたい、極上の癒しと出会う秋をさがしましょう。

函館の秋に訪れたい極上の癒しスポット特集

紅葉に染まるみなみ北海道を一望

函館七飯ゴンドラ

紅葉の中の函館七飯ゴンドラ

紅葉に染まる大沼国定公園や駒ケ岳の絶景を眼前に、噴火湾越しには室蘭、羊蹄山、ニセコ連峰まで、大迫力の景色が一望できる『函館七飯ゴンドラ』。往復約30分の空中散歩は非日常感満点で、言葉を失うほどの絶景に心が洗われていくよう。
山頂には4つの展望スポットを巡る1周30分の遊歩道も。

雄大な景色を眺めながらくつろげる山頂カフェ「PEAK CAFE」(10時30分〜15時15分LO)では、季節の食材を使ったランチなどがいただけます。

ゴンドラは大人往復1800円、小中学生1000円。
9時~16時(上り最終乗車15時30分)。

今期の営業は11月4日まで。

●七飯町東大沼666
Tel:67-3355

極上のもみほぐしを体感しませんか?

もみほぐしサロン イヤシンス

もみほぐしサロン イヤシンス

バリのスパがコンセプトの『もみほぐしサロン イヤシンス』では、「無水」で行う新感覚の「ドライヘッドスパ」が今冬のおすすめ。頭だけではなく首とデコルテ周りをクリームでもみほぐしていくので、日々の疲れが癒されそう。こちらは、30分2800円(税別)~最大60分4600円(税別)。

「もみほぐし+足つぼ」も人気で、60分3990円(税別)~最大180分11590円(税別)と6コースあり、その日の気分で選べます。各メニューを組み合わせて施術も可能。混み合う場合があるので、予約がおすすめ。非日常の空間で、極上のもみほぐしを体感してみては…。

10時~24時(木曜のみ16時閉店)。
不定休。P有。

●富岡町2-37-20
Tel:87-0880

海の近くにある素敵な喫茶店

ホットステーション 珈夢

ホットステーション 珈夢

外来漁船の基地港として知られる函館市南茅部地区の臼尻漁港。その漁港のすぐそばにある『HOT STATION 珈夢(かむ)』は、美味しいコーヒーと大きなスピーカーから流れる心地よい音楽を楽しめる喫茶店。個性的な店内と、最近では数少なくなった喫茶店が海沿いの小さな町にあるということから10年前のオープン以来人気を集め、いまでは知る人ぞ知る南茅部地区の「癒しスポット」として多方面から音楽好きやコーヒー好きが訪れるようになった。「コーヒー」(450円)のほか、自家製焙煎昆布めんやホットサンドなどのフードメニューも好評。

11時〜18時。
月・火曜休。P有。

●臼尻町149-16
Tel:25-3063

温泉と豪華ビュッフェで癒されましょう

ホテル万惣

ホテル万惣

湯の川温泉『ホテル万惣』では10月18日〜11月30日の期間に、本紙読者限定料金の「リニューアル3周年記念ご夕食付日帰り入浴プラン」を実施します。夕食ビュッフェ(18時〜21時クローズ)と入浴(16時〜22時)がセットで平日が大人5500円(消費税・入湯税込)、4歳以上小学生以下2750円(消費税込)、土曜日・祝前日は大人7000円(同)、4歳以上小学生以下3500円(同)で利用できます。

期間中は、開放的で温かみのある暖炉ラウンジで、函館にちなんだ本の朗読会(実施日や実施時間はホテルに直接お問い合わせください)も実施されます。予約時に「青ぽ見た」と伝えてください。

●湯川町1-15-3
Tel:57-5061

清々しい空気感に癒される場所

函館八幡宮

函館八幡宮

パワースポットやご朱印ブームの影響で、神社に足を運ぶ人が増えたと言われています。神社で「心が癒された」「心が洗われたような気持ちになった」「気力が湧いた」という体験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。函館山の麓にある『函館八幡宮』は、山を背に、長い石段の先に建つ「大正式八幡造」の風格ある社殿とその一帯の清々しい空気感に、日頃の疲れがやわらぐような心地よさを実感できる場所。

これからの時期は紅葉も美しい季節です。気持ちのよい空気感を体感しに1度足を運んでみてはいかがでしょう。訪れる際はお参りのマナーを守ることをお忘れなく。

●谷地頭町2-5
Tel:22-3636

優雅に泳ぐ海水魚に癒されて

coffee&bar 珊瑚堂

coffee&bar 珊瑚堂

横幅が180cmもある特注サイズの水槽が店内にある『coffee&bar 珊瑚堂』は美原1丁目にあります。
色鮮やかな海水魚に魅せられて時間が経つことを忘れてついつい長居してしまう人が多いそう。優雅に泳ぐ海水魚に癒されながら食事を楽しめるという贅沢は同店ならでは…。

ランチメニューはハンバーグ、パスタ、ピザ、ドリアなどがあり、それぞれ1000円でサラダ、ドリンク、デザート付きとリーズナブル。

夜の営業(月・水・金曜日の20時~ラスト)はアルコールの提供もあります。
11時~16時。不定休。P有。

●美原1-20-15
Tel:090-1525-2308

心癒される美しい紅葉

はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタ

はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタ

道内で唯一国指定文化財庭園となっている香雪園(見晴公園内)は、広大な敷地に約150種類の樹木が植えられており、四季折々の風景を楽しむことができます。10月19日(土)〜11月10日(日)に開催される「はこだてMOMI-Gフェスタ」では、期間中の16時から21時まで、約100メートル続くカエデ並木がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。秋の夜長は、あでやかに照らされた美しい紅葉を眺めながら、心癒される時間を過ごしてみては…。

また、「緑のセンター」でのミニライヴや体験会、「園亭」での講談ライヴと落語ライヴ、つるしびなの展示などの催し物もあります。

詳細は函館市住宅都市施設公社公園管理部東部公園事務所
Tel:57-7210まで。

可愛いネコ達に癒されるひと時

保護ネコハウス チャチャ

保護ネコハウス チャチャ

『保護ネコハウス チャチャ』は、可愛いネコ達と触れ合うひと時に癒される場所。アットホームな雰囲気の中、子ネコから大人のネコまで様々なネコが遊んだり眠ったり愛らしい姿を見せてくれます。取材時も、筆者の膝の上でくつろぐネコの姿が癒し系。ネコ好きの人必見のスポットです。なお、同店にいるのはすべて保護ネコですので、譲渡可(高齢者対象の制度有)。

利用は30分550円。60分ワンドリンク付きは大人1100円、
小学4年生〜高校生770円、
小学3年生以下550円。
フリータイムフリードリンク付きは大人2200円、小学4年生〜高校生1320円。

11時〜19時。金曜休。P有。

●湯川町1-20-8
Tel:36-5120

癒される空間でハーブティーを

カフェ エン

カフェ エン

公立はこだて未来大学から徒歩約5分、見晴らしのいい高台にある『カフェ エン』は、店内から一望できる美しい景色に癒される1軒。リラックスしたい時におすすめの「ハーブティー」(各500円)は、季節に合わせて数種類用意。
秋に登場する「マロウブルー」は、青紫から淡いピンクに変化してゆく色合いを楽しめます。やわらかな花の香りと優しい味わいも特徴で、喉の調子が気になる時にも最適。

11月末日までは「ケーキセット」(コーヒーまたは紅茶付き800円)を「青いぽすと見た」で、ハーブティーに変更可。

11時〜18時、18時〜は予約営業。
月・火・第1日曜休。P有。

●赤川町365-5
Tel:47-4333

つい寝てしまう心地よさ

シーサイドホテルかもめ

シーサイドホテルかもめ

新陳代謝を高めるほか、血行が良くなるなどの効果が期待できるという酸素カプセル「オアシス・オーツー」の利用で、『シーサイドホテルかもめ』に足を運ぶ人が多いそうです。
酸素カプセルの利用料は60分2200円、90分3150円と2タイプ。服を着たまま利用できる手軽さと、ライフスタイルに合わせて利用しやすい営業時間の長さも人気。高気圧、高酸素の酸素カプセルで夏の疲れを癒しませんか?
初回はカウンセリングシートに記入する時間が必要。健康状態によって利用不可の場合有。

利用時間は9時~24時。
無休。P有。

●宇賀浦町6-1
Tel:32-2222

おすすめコンテンツ