令和元年にオープンお店

2020-01-17 vol.676

函館で令和元年にオープン・気になったお店特集

今号が2020年最初の発行となります。今年も1年間のご愛読を、よろしくお願いします。今回は、昨年オープンしたたくさんのお店の中から、本紙記者が特に気になったお店をピックアップして、気になっていた記者本人が取材に足を運びました。掲載店の中で気になるお店がありましたらぜひ、読者の皆様もこの機会に足を運んでみてくださいネ。

函館で令和元年にオープン・気になったお店特集

リピーター続出の本格中華を

中華料理・ラーメン 龍呑亭(ろんたんてい)

中華料理・ラーメン 龍呑亭(ろんたんてい)

「食事をした龍がその美味しさのあまり天まで昇っていってしまうような料理を提供したい」という思いが店名に込められている『中華料理・ラーメン 龍呑亭』は本町交番の裏手にあります。ご実家の中国料理店を手伝っていた時から1番思い入れがあるというエビチリはピリッとした辛さの中にほんのりした甘さがあり、その美味しさに箸が止まらない逸品。このエビチリをお得に味わえる「エビチリセット」(=写真、1280円)やボリューミーな「日替りセット」(1000円)のランチメニューが人気。また、一品料理やあんかけ焼きそばもオススメ。11時30分~15時。17時~LO21時。日曜・祝日休。契約P有。
●本町7-8
TEL 87-2740

好きなおかずを欲しい分だけ

おかず屋うみねこ

おかず屋うみねこ)

昨年7月、中島廉売大通沿いにオープンした『おかず屋うみねこ』は、無添加のおかずを1人前から購入できるお持ち帰り専門店。バラエティ豊かなおかずは、定番と日替わり合わせて約10種類用意。地場産をメインに野菜を多く使用している点も魅力。定番のおかずでは、ニンニクの風味が食欲をそそる「道産もも肉のザンギ」(100グラム260円)が人気。日替わりのおかずは、旬の食材などを楽しめます。お弁当派には、北海道産米をふっくらと炊き上げたご飯+選べるおかず(メイン1品、副菜2品)がセットの「ランチボックス」(600円)がおすすめ。11時~18時。日曜、第2・4・5月曜休。P有。
●中島町14-8
TEL 080-6857-2430

欧米の定番料理と世界のビール

フィッシュ&チップス ウミネコ

フィッシュ&チップス ウミネコ)

『フィッシュ&チップス ウミネコ』は、魚とイモを揚げた英国発祥の料理フィッシュ&チップス(レギュラー980円)を世界のビールやお酒とともに提供する店。海外に住んでいた店主が現地でよく食べていた味を元にしており、海外在住経験者が懐かしんで足を運ぶこともよくあるとか。魚の衣は注文を受けてからビールを混ぜてつくり、サクッと軽い食感を演出。レモンを絞り、モルトビネガーをたっぷりかけるのが本場流の食べ方です。今金産のきたかむいで手作りしたポテトも抜群のおいしさ。その他海外のお酒とおつまみがそろいます。19時~LO22時30分。日・月曜休。
●海岸町5-10
TEL 27-3636
(営業時間内のみ)

住宅街の隠れ家的コーヒー店

マルヲ珈琲

マルヲ珈琲)

昨年7月、吉川町・ベガスベガス函館吉川店の裏の住宅街にオープンした『マルヲ珈琲』は、東京で購入した焙煎機で30年間、趣味でコーヒーを淹れきた店主さんの趣味が高じてオープンした専門店。自慢のコーヒーは1杯500円からで、「軽い」「普通」「濃い」などお好みで選ぶことができる。冷たいコーヒーやアフォガード等もあるほか、「ホットサンド」(400円)、「チーズケーキ」(400円)といったフードメニューもある。一般住宅を改装した店内でゆっくりできる、コーヒー好きにはたまらない1軒といえそう。10時30分~19時。火曜、第1・3水曜休。P有。
●吉川町2-19
TEL 76-4455

繁華街のオアシス的イタリアン

ヴァン デ ウェスト

ヴァン デ ウェスト)

『ヴァン デ ウェスト』。イタリア語で「西風」を意味する店名のこの店は昨年11月、繁華街・本町にオープンしたカジュアルなイタリアンの店。「カルボナーラ」など9種類のパスタは各1200円、ピザは「ミックス」(M1200円、L1600円)など6種類。ほかに肉料理やおつまみ、サラダといったフードメニューがある。4人以上の利用でピザ、パスタ+料理4品にビールやワインなど2時間飲み放題が付いて1人5500円のプランもオススメ。営業時間は18時~ラスト。22時からはバータイムでセット料金1000円。不定休。
●本町3-16
ジュエリービル向かい
TEL 55-7000

昼しか味わえない美味しさを

手打ち蕎麦 蔵山

手打ち蕎麦 蔵山)

本町の居酒屋「棚からぼたもち」の場所で昼のみ営業している『手打ち蕎麦 蔵山』。道産のそば粉にこだわり、季節によって産地の配合を変えて一定の美味しさの二八の藪蕎麦を提供。お得な「季節のお蕎麦」には、柔らかな揚げ餅をトッピングした「揚げ餅の五目蕎麦」(=写真、1020円)など体の芯から温まるラインナップ。食後は同店オリジナルの「そば団子」(360円)がオススメで、黒蜜きな粉風とおしるこ風から選べます。初回来店時に「青ぽ見た」で、「そば団子」(黒蜜きな粉風)をサービス(1月末日まで)。11時15分~14時(がなくなり次第終了)。火・水曜休(火・水曜が祝日の場合は営業)。P有。
●本町34-14
TEL 090-8904-3740

味も品質も別格!

岩橋商店

岩橋商店)

昨年4月に移転オープンした『岩橋商店』は、本町市場で43年、味と品質の良い海産物を提供してきた人気店。中でも、しっかりとした粒に旨味が凝縮された「筋子(100グラム1100円)をはじめ「タラ子」(1キログラム8000~9000円)、「紅鮭」(1尾8000円~)は、本物の味を実感できる逸品。化学調味料不使用で仕上げた「醤油いくら」(140グラム1600円~)と「ギンダラ味噌漬け」(5切れ2800円)など、自家製の商品も好評です。贈り物としてはもちろん、自宅でもぜひ味わってみては…。少量の販売可。発送可。近隣は配達も行っています。9時~17時。日曜休。P有。
●本町10-5
TEL 53-3274

ボリューム満点でリーズナブルな天丼

天丼専門店ふらわー

天丼専門店ふらわー)

昨年3月、花園商店街にオープンした『天丼専門店ふらわー』は、天丼をリーズナブルに味わえる店。中でも、海老と数種類の野菜を使用した「野菜天丼」とボリューム満点「かき揚げ天丼」はそれぞれ税込550円と、かなりお得。衣が薄めで素材の味を楽しめる天ぷらは、自家製のタレや北海道産米ふっくりんこを使用したご飯と抜群のハーモニー。幅広い層に人気の「えび三昧天丼」(820円)は、3種類の海老を使用した豪華版。各テイクアウト可。味噌汁、漬物、小鉢付きは各+160円。ほかに、天ぷらそばや天ぷら定食、単品などもあります。11時~LO14時、17時~LO20時。月曜休。P有。
●日吉町3-44-13
TEL 31-0771

紅茶と可愛いスイーツで癒しの時間を…

Tea Room AliCe (ティー ルーム アリス)

Tea Room AliCe (ティー ルーム アリス))

『Tea Room AliCe』は、紅茶やカフェラテ、可愛いスイーツが楽しめる店。評判の手作りパンケーキ(単品1100円~)は、ふかふかの食感としっとりした生地が絶品。食事系からスイーツ系、旬の果物を使った「フルーツパンケーキ」(=写真、1430円)まで種類も豊富。カフェラテやスープなどドリンクも充実。ランチタイムやデザートタイムの限定セットも好評。また好きなドリンク付で1518円の常時あるお得なセットも大人気! 紅茶コーディネーターの資格を持つ店長が、スイーツとの相性や好みで紅茶の提案もしてくれるのも魅力。キッズメニューもあります。10時30分~18時(LO/17時30分)。木曜休。P有。
●昭和3-31-23
TEL 070-4065-5878

おしゃれなカフェ付きコインランドリー

rico cafe Laundry(リコ カフェ ランドリー)

rico cafe Laundry(リコ カフェ ランドリー))

『ri co cafe Laundry』は高砂通沿い・函館市役所そばにオープンしたカフェ併設のコインランドリー。首都圏を中心に増えている洗濯をする人もしない人も利用できる新スタイルのコインランドリーです。ランドリーコーナーには32キロの大型機を含む洗濯・乾燥機を15台設置し、女性専用スペースも用意。機械の操作方法が分からない人にはスタッフが説明してくれるのでランドリー初心者も安心です。カフェではコーヒー(100円)やカプチーノ(120円)などのほか、オムライスやチャーハンなどの軽食(各500円)も提供。トイレ無料開放。パウダールーム有。6時~24時(軽食は11時30分~16時)。無休。P有。
●東雲町6-5
TEL 0120-123-767

おすすめコンテンツ