転勤族にお薦めする飲食店

2019-04-12 vol.658

函館に転勤してきたら読者がすすめる飲食店へ行こう

昨年12月の本紙で「転勤族の方々におすすめの店」を募集したところ、たくさんの情報をいただきました。そこで今号と次号の2回にわたり、いただいた情報を参考に、転勤族におすすめの店「飲食店編」と「専門店編」を特集します。

函館に転勤してきたら読者がすすめる飲食店へ行こう

昼も夜も幅広い層におすすめ!

旬のめぐみ屋

旬のめぐみ屋 唐揚げ定食

幅広い層が昼夜気軽に利用できる『旬のめぐみ屋』は、全室個室の店内で周りを気にせず過ごせる1軒。
ランチセットから夜の居酒屋メニューまで豊富にそろっていますが、本紙読者がおすすめしている2種類の唐揚げは、どちらも外はカリッと中はジューシーな食感が特徴です。

ランチタイムの「唐揚げ定食」(880円、コーヒー付き)のほか、昼も夜も味わえる単品メニューの「とり唐揚げ」(1人盛り529円、得盛り1058円)も人気。
もうひとつのおすすめ「レッドHOTザンギ」(単品572円)は、激辛具合がクセになり、アルコールも進みます。

11時30分〜LO14時、17時〜LO23時。
月曜休。P有。

●中道2-8-2
Tel:33-7773

そば好きをうならせる老舗の津軽そば

 山田

山田 かけもりセット

創業以来101年、手打ちの津軽そばが好評の老舗『 山田』。もともと創始者の趣味が高じて開業したそばの味が現在は4代目に受け継がれている。読者の方から「鰯風味の出汁が美味しい」とコメントをいただいた通り、ウルメイワシの出汁が秀逸。もちろん、大豆をつなぎに使ったコシの強いそばを求めて長年通い続けているファンも多い。

人気は、もりそばとかけそばの味を1度に楽しめる「かけもりセット」(=写真、800円)。転勤で函館に住み始めた人も評判を聞いて数多く来店しているそうで、そば好きにはたまらない名店といえる。

11時30分〜13時30分前後。
土曜、第3日曜休。
店舗の向かい側にP有。

●宝来町25-2
Tel:23-4438

七輪焼きの生ラムが絶品

万代や

万代や 生ラム肩ロース

「転勤族にオススメのジンギスカンなら本通2丁目にあるこの店」と本紙読者からハガキをいただいた『万代や』。生後1年未満の羊のみを使用し、七輪と駒ケ岳の備長炭で焼き上げる同店の生ラムは、臭みがなく柔らか。種類も充実しており、それぞれ特徴を生かして提供。幅広い層に好評の「生ラム肩ロース」(初回野菜付き734円)は、ジンギスカンが初めてという人にも最適。希少部位のヒレ肉「ラムテンダーロイン」(1296円)は、旨味とジューシーさが別格です。肉はもろちん、南茅部産昆布を贅沢に使った特製タレも絶品。「ラムスペアリブ」や「ラムタン塩」(各918円)も人気。

17時30分〜LO21時30分。
水曜休。P有。

●本通2-13-26
Tel:31-3233

住宅街の隠れ家的人気寿司店

鮨 たかん

鮨 たかん 極選

本紙読者の方から、「一品料理も美味しい寿司店」として転勤族におすすめしたい店とハガキをいただいたのが、美原3丁目の住宅街にある『鮨 たかん』。市内有名店で修行した店主が、生まれ育った美原で店を持ちたいという夢を実現した店。

「極選」(=写真、3240円)や「特上」(2160円)などの寿司はもちろん、住宅地ならではの寿司店だけに、常連客を飽きさせない「本日のおすすめ」という日替わりの一品料理が人気を集めており、全国各地の旨いものを提供している。利用客の好みで用意してくれるコースは握り3〜5貫と一品料理で5400円〜(飲み放題付き6480円〜)。

正午〜14時、17時〜23時。
月曜休。P有。

●美原3-26-13
Tel:84-1555

ホッと心温まる昔懐かしの塩ラーメン

ラーメンのりんさん

ラーメンのりんさん 塩ラーメン

昭和23年創業の老舗、『ラーメンのりんさん』。「塩ラーメンが美味」との声が読者から寄せられている。絶妙な塩加減と、手間暇かけて一からじっくりと丁寧に仕込まれた出汁がやみつきになる黄金のスープに、メンマ、長ねぎ、焼豚が盛り付けられたシンプルな昔懐かしい味の「塩ラーメン」(600円)。玉子チャーハンとセットになった「チャーハンセット」(ラーメンは塩、醤油、750円)もボリューム満点‼
ラー油から餃子の皮まで手作りというこだわりも同店ならでは。温かい人情味溢れる居心地の良さも魅力の店。

11時30分〜LO18時30分(スープなくなり次第閉店)。
金曜休。P有。

●湯川町1-9-13
Tel:57-7756

薬膳食材を使ったランチ

Cafe谷地坂

Cafe谷地坂 谷地坂ランチ

中国医学理論に基づき中薬と併せて用いられる薬効成分を含む食材を薬膳食材と呼び、その中には高麗人参などのほかに生姜や菜の花などの身近な食材も多いそう。そんな薬膳食材を使った料理を提供している『Cafe谷地坂』は、料理はもとより眺望の良さや看板猫「ちー子」の接客がオススメと読者の声が届きました。

季節によってメニューが変わる「谷地坂ランチ」(=写真)は飲み物とプチデザートが付いて980円(数に限りがあるので事前予約がおすすめ)。デザートメニューもあるので食事はもちろんティータイムにもピッタリです。

11時~17時。木・金曜休。
P有。

●谷地頭町31-2
Tel:27-3351

住宅地にある可愛らしいお店

キッチン ハレの日

キッチン ハレの日 明太子パスタとパンのプレート

山の手の住宅地にある『kitchen(キッチン) ハレの日』は読者からのハガキに「可愛い店内でおいしい料理が食べられる」とありました。通年メニューの「明太子パスタとパンのプレート」(=写真)をはじめ、月替わりのプレートはドリンクが付いて999円、さらにデザートが付くセットは1150円。手づくりのパンや日替わりのスープなど手の込んだ料理が味わえます。

そのほかパスタの単品やカレーなどランチメニューは営業時間中なら何時でも提供していますがどれも無くなり次第終了。パフェや白玉ぜんざい、デザートセットがある点も人気のひとつ。

11時~17時(5月以降11時~18時)。
水曜休。P有。

●山の手3-9-17
Tel:54-8080

函館の老舗居酒屋といえばこの店

魚河岸酒場 はこだて 魚一心

魚河岸酒場 はこだて 魚一心 刺身

「新鮮で美味しい海鮮がボリューム満点! その上、とてもリーズナブル」と、本紙読者がおすすめする『魚河岸酒場 はこだて 魚一心』は、函館を代表する有名な老舗居酒屋。地元客はもちろん、道内外から訪れる客で賑わっています。
「特に変わったものはない、普通の酒場」と店長さんは話しますが、その味の良さは秀逸!
刺身包丁を振るう料理人を眺めつつカウンターに座り、生ビールを1杯。旨い刺身を肴に美味しいひと時に酔いしれてみませんか? 混み合うことが多いので、事前予約がおすすめです。

17時~22時45分。
日曜休。

●松風町3-11
Tel:26-0457

自家製無農薬野菜のコースを

五稜郭 代志川

五稜郭 代志川 野菜のコース

本格和食に洋食の要素をワンポイント加えた創作料理を提供する『五稜郭 代志川』。読者からは「野菜中心の和食ランチがお勧め」と情報が寄せられました。同店では野菜の大半を無農薬の自家栽培でまかなっており、そのうまさと新鮮さ、食感の良さが評判だといいます。ランチは、10種類以上盛り付けた「野菜の大皿盛」をメインにした「野菜のコース」(2160円)が一番人気。優しく上品な味わいが心まで豊かにしてくれます。

夜も各種コース有。野菜に限りがあるため、昼・夜とも予約が確実。

11時30分〜LO13時30分、
17時30分〜ラスト(予約に応じて変動)。
月・火曜定休(予約で夜営業可)。

●五稜郭町10-12
Tel:32-3201

プロレス道場仕込みのもつ鍋を提供

ちゃんこ屋かつお

ちゃんこ屋かつお もつ鍋

「もつ鍋を食べて感動! つわりで何も食べられないのに完食しました」との推薦コメントがあった『ちゃんこ屋かつお』は、函館在住の現役プロレスラーで函館観光大使でもあるカツオさんの店。「感動モノ」と言われた「もつ鍋」(1人前1000円)は、相撲部屋同様食事を「ちゃんこ」と呼ぶプロレス道場で、カツオさんがちゃんこ番をしていた時に覚えた調理法で作られており、下処理をしっかりすることで臭みをなくしたもつのプリっとした食感と味噌ベースのコクのある味わいを楽しめます。「始めてみたら人気になった」という餃子(6個500円)も美味。

18時~25時。
火曜休(他イベント時休業の場合有)。

●本町10-22 青空ビル1階
Tel:070-5600-3658

おすすめコンテンツ